2012年08月13日-08月17日
トップ  > 科学技術ニュース>  2012年08月13日-08月17日 >  中国、国際触媒会議の誘致に初成功

中国、国際触媒会議の誘致に初成功

2012年08月16日

 中国科学院大連化学物理研究所が明らかにしたところによると、ドイツ・ミュンヘンでこのほど開催された第15回国際触媒会議において、中国化学会触媒委員会が第16回会議の開催権を獲得した。第16回国際触媒会議は2016年7月3日--8日にかけ、北京で行われる。科技日報が報じた。

 国際触媒会議は世界の触媒分野において最大の規模・影響力を持つ会議であり、触媒分野のオリンピックとも呼ばれる。中国は1980年から同会議に参加し、これまでに幾度も会議開催を申請してきた。

 第16回国際触媒会議の誘致成功は、中国の触媒分野がすでに世界的な競争力と影響力を備えたことを意味する。会議の開催は、世界における中国触媒研究の影響力向上、中国の触媒科学技術の発展に役立つほか、触媒分野における国際協力の強化、中国の触媒研究および研究成果の世界進出に向けたきっかけとなる。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます