2012年08月13日-08月17日
トップ  > 科学技術ニュース>  2012年08月13日-08月17日 >  国際きのこ学会議が北京で開催へ 8月末

国際きのこ学会議が北京で開催へ 8月末

2012年08月16日

 第18回国際きのこ学会議が8月27日--30日にかけ、北京市通州区で開催される。国際連合食糧農業機関(FAO)、世界銀行など国際組織の代表者、各国の政府関係者、科学者、企業家および中国の関連組織代表者ら600人あまりが参加する。参加者は、きのこをめぐる科学技術交流を強化するほか、通州区のきのこ産業基地を参観し、関連の科学技術と産業の発展を推進する。人民日報が報じた。

 「きのこ界のオリンピック」とも呼ばれる同会議は、国際きのこ学会が発起したもので、きのこの科学技術界・産業界における世界最大規模の祭典だ。参加者は、▽きのこの遺伝資源と多様性▽遺伝・育種▽病害の予防・品質コントロール▽生産後の加工・市場管理▽栄養・薬用▽株の栽培技術??などの議題をめぐり学術交流を行うほか、通州区のきのこ生産基地、きのこ産業パーク等を参観する。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます