2012年08月20日-08月24日
トップ  > 科学技術ニュース>  2012年08月20日-08月24日 >  中日の考古学者、泥河湾遺跡群の年代測定で協力

中日の考古学者、泥河湾遺跡群の年代測定で協力

2012年08月22日

 考古学者の松藤和人氏(同志社大学教授)と菊池強一氏は20日、河北省陽原県の泥河湾旧石器遺跡群を訪れ、1週間にわたる実地調査を開始した。泥河湾盆地の古環境研究および旧石器時代中・後期遺跡の年代研究に向け、資料収集などを行う。新華社が報じた。

 河北省文物研究所は2010年8月、同志社大学と共同で、泥河湾盆地における後期更新世中・後期の環境研究および旧石器時代遺跡の年代研究プロジェクトを立ち上げ、河北省文物局、国家文物局からのプロジェクト実施認可を得た。

 翌年の2011年8月、同プロジェクトは正式に始動した。研究者らが遺跡の現場でサンプルを収集し、一部は日本に運ばれて検査が行われた。プロジェクト期間は3年間で、研究成果は中日双方が共有する。

 泥河湾遺跡群は、世界の地質考古学界が認める第4紀の標準的地層で、河北省陽原県の東西82キロ、南北27キロに及ぶ桑干河両岸に位置する。哺乳類の化石や人類の旧石器遺跡が多いことで知られ、20世紀の中国100大重要考古学発見の1つに数えられる。

 現在同地域では早期人類の遺跡150カ所あまりが発見されており、古人類の化石、動物の化石、石器など数万点が出土した。これらの出土品には、旧石器時代から新石器時代にいたるまでの進化・発展の過程が記録されている。泥河湾遺跡群は2001年、国務院(政府)により全国重点文物保護単位に指定され、2002年には国家級自然保護区に認定された。

 今回の年代測定により、旧石器時代中・後期遺跡に関する詳細なデータが提供され、泥河湾遺跡群の体系的な年代研究の空白が埋められる。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます