中国の南極天文台、2020年に使用開始

2012年 8月24日

 「人類を寄せ付けない極地」とも呼ばれる南極内陸部の最高点「ドームA」に、まもなく中国の南極天文台が出現する。中国が国外に天文台を建設するのはこれが初となる。北京晨報が報じた。

 中国科学技術協会が主催する科学者とメディアの対話イベントが23日に開催された。同イベントに出席した中国南極天文研究センター主任の王力帆氏(紫金山天文台研究員)は、「南極天文台の主要設備には、口径5メートルのテラヘルツ望遠鏡1台と口径2.5メートルの光学赤外線望遠鏡1台が含まれる。完成すれば、中国は地上天文観測分野において世界をリードすることとなる」と語った。天文台の建設は現在プロジェクト立案段階にあり、プロジェクトが認可された後に5年をかけて建設し、2020年には使用が開始される見込みだという。

 南極天文台に建設される口径5メートルのテラヘルツ望遠鏡は、南極では唯一の物であり、2.5メートルの光学赤外線望も南極で最大の口径を誇る。

 南極天文台の観測目標は「2つの暗(暗黒エネルギー、暗黒物質)、1つの黒(ブラックホール)、3つの起源(宇宙の起源、天体の起源、生命の起源)」という言葉に集約される。暗黒物質、暗黒エネルギーに代表される重要な科学問題は、宇宙に対する人類の認識を根本的に覆す可能性もある。

 王氏によると、南極天文台の望遠鏡は遠隔操作が可能であるため、科学者が実際に南極に滞在して操作する必要はないという。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468