2012年08月27日-08月31日
トップ  > 科学技術ニュース>  2012年08月27日-08月31日 >  弁当の自動販売機が北京に初登場

弁当の自動販売機が北京に初登場

2012年08月30日

 中国の青年発明家、金徐凱氏が発明したハイテク機器「和盛弁当自動販売機」が29日、北京・北海公園の北門に設置された。使用面積はわずか3.8平方メートル。最新の人工知能が搭載されており、的確なマンマシン対話、正確な操作プロセス、豊富なメニュー、独特な運営モデルなどが特徴で、北京の人々に斬新な食事体験をもたらした。

 香港和盛餐飲集団の総設計師である金徐凱氏はこの弁当自動販売機の開発に際し、専門のメニュー研究開発チームを結成。ホワイトカラー、観光客、学生など、異なる消費者層をターゲットに市場調査を行い、8つの料理体系・計240品目のメニューを開発した。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます