嫦娥3号の月面着陸、最後の数メートルが最も危険=米専門家

2013年 12月2日

 米NASA月探査分析チームのメンバー、ジョンズ・ホプキンス大学の科学者であるジェフ・プレシア氏は、このほど記者の取材に応じた際に、「月探査機『嫦娥3号』は障害物を回避する能力があるため、岩などの大きな障害物をすべて回避できるはずだ。米国の月探査機『サーヴェイヤー』の着陸は、盲目的な着陸であったことを忘れてはならない」と語った。新華社が伝えた。
 プレシア氏によると、サーヴェイヤーの月面着陸は、事前に設定した着地順序に従うだけで、後は運任せだったという。サーヴェイヤーは月面着陸の途中で2回失敗したが、その他の5回はすべて安全に着陸した。
 ソ連の月探査機「ルナ」も、月面着陸に数回失敗している。プレシア氏は、「2009年に発射された、米国の月探査機『ルナ・リコネイサンス・オービター(LRO)』が撮影した画像の中に、ルナ23号が写し出されていた。ルナ23号は着陸の際に速度が速すぎて、地面を転がり失敗に終わったようだ。そのため写真に写し出されていたのは、横転したルナ23号の片側だけだ」と例を挙げて説明した。
 プレシア氏は、「サーヴェイヤーにせよアポロにせよ、米国の探査機は水平に着陸しておらず、傾斜しながら着陸した。これは月面が凸凹しており、多くの小さなクレーターがあるからだ。しかし月面着陸の場合に、小さなクレーターは大問題にはならない。安定着陸の真の障害は岩だ。当然ながら、中国の地上スタッフは月周回衛星により多くの画像を撮影しており、岩の比較的少ない場所を選択し、安全に月面着陸を成功させると信じている」と語った。
 宇宙環境は非常に複雑で、いかなるミスも最終的な失敗を招きかねない。プレシア氏は、「月周回衛星であれば、発生した問題を分析し、修正することにより、任務を継続できる。しかし着陸の際に問題が発生すれば、できることは何もない。月からの信号はそれほど遅れないため、問題発生を知ることができるかもしれないが、火星の場合は着陸に失敗してもすぐには気づけない」と述べた。
 プレシア氏は、「月面着陸技術は数十年間に渡り大幅に進歩し、墜落の危険性は大幅に引き下げられた。しかし最も危険な段階は、最後の数メートルだ。軟着陸の場合、もっとも重要な技術は障害物の回避だ。月面に接近する時に、カメラもしくはレーダーなどにより障害物を発見した場合、探査機の位置を移動させなければならない。本当に障害物があるかはさておき、重要なのはやはり回避する技術だ」と指摘した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468