月の入江、各国の月周回衛星が注目

2013年 12月9日

 月面ローバー「玉兎」を搭載した月探査機「嫦娥3号」が順調に月周回軌道に入り、着陸予定地「雨の海・虹の入江」が遠くに見えてきた。旧ソ連と米国の初の月面着陸が「盲目的な着陸」であったのと比べ、嫦娥3号は十分に準備を整えている。嫦娥1号・2号、および各国の月周回衛星は近年、虹の入江に注目してきた。これらの衛星が獲得した資料は、嫦娥3号の月探査の価値ある方向性を示した。新華社が伝えた。
 虹の入江はどのようにして形成されたのだろうか?探査の価値はどれほどあるのだろうか?各衛星が集めたデータによると、盆地のような雨の海は30数億年前の天体の強い衝突によって形成された。その後、もう一つの天体が雨の海の北西に衝突し、虹の入江が形成された。衝突により発生した岩が、北・西・南西から虹の入江を囲むジュラ山脈を形成した。
 その後、雨の海の玄武岩の溶岩が溢れ出し、南東から虹の入江に入り、衝突により生まれたクレーターを埋めた。虹の入江は現在、南東から北西に向かい高度を下げているが、ほぼすべての地域が平原であり、巨大な岩が少ない。このような環境は嫦娥3号の着陸、玉兎の探査、実験の実施に安全な自然条件を提供する。また月周回衛星では得られなかった、溶岩の位置する深度、噴火の時期や頻度といった情報が、今回の月探査によって得られる可能性がある。
 虹の入江の重要な見所は、現地最大のクレーターである「ラプラスA」だ。玉兎が虹の入江の東、クレーターの縁に立つことができれば、直径8000メートル、垂直落差約1600メートルの、鍋型の巨大クレーターを目にすることだろう。クレーターの縁には衝突により掘り起こされた物質が存在するため、科学調査の価値からすると、ここを通過することはクレーターの底を探査するようなものだ。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468