中国人科学者、医療機器の体内「印刷」を実現へ

2013年 12月19日

 中国科学院が17日に明らかにしたところによると、劉静教授が率いる清華大学中国科学院理化技術研究所の研究チームは、液体金属に基づく植え込み型バイオ医学電子機器体内3Dプリンタ技術を開発した。この方法は新たな道を切り開き、医療機器植え込み技術の新方法となる可能性がある。同研究論文はこのほど、ネイチャー・パブリッシング・グループの発行する「Scientific Reports」に掲載された。人民日報が伝えた。
 劉教授は、「3Dプリンタの原理を利用し、ミクロ注射器の針の方向、注射の部位、注射量、針の移動と速度を制御することで、科学者は低侵襲の手段により生物体内の目標組織にインクジェット注射・成形を直接実施する、医療用電子機器の製造方法を開発した」と説明した。
 これまで脳深部刺激装置、ペースメーカーなどの植え込み型の医療機器は、移植手術が大掛かりで、患者の損傷が大きく、頭蓋骨切開・開胸手術、機器の植え込み、傷口の縫合といった複雑な手順を踏まなければならなかった。これは患者の心身を苦しめるほか、傷口が大きすぎ併発症や感染のリスクが生まれる。今回開発された便利で手軽な体内柔性電子機器直接印刷製造方法は、患者の負担を緩和すると同時に、フレキシブルな植え込み型医療電子技術の進歩を促す。
 劉教授は、「すべての部品とモジュールが、ミクロ注射器の液体注射方式を採用しているため、手術の全過程が低侵襲となる。さらに手術用ロボットを使用すれば、手順を大幅に簡略化できるだろう」と語った。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468