中国農業のグリーンな発展、ロードマップが発表

2017年 10月19日

 「稲田アヒル」と呼ばれる5000羽以上のアヒルが、正式に「勤務」を開始した。これは吉林省輝南県の稲作農家による今夏の新措置だ。アヒルに除草させ、虫の卵を食べさせるとともに、人が除草し、除草剤などの農薬の使用を避ける。農場責任者は「高基準グリーン栽培により、大自然の恵みに感謝することができる」と話した。人民日報が伝えた。
 同じ輝南県で、稲作農家の張明江さんは約8.5ヘクタールの田んぼでカニを放し飼いしている。張さんは「0.06ヘクタール当たり5キロ放す。カニは人間の代わりに除草役になり、農薬や化学肥料を使う必要がなくなる。カニを放し飼いにした田んぼの稲は、0.06ヘクタール当たり2000元(1元は約16.9円)高く売れる」とうれしそうに話した。 
 田んぼでアヒル、カニ、ドジョウ、ザリガニを放し飼いにする。吉林省ではこの「一石二鳥」を始める稲作農家が増えている。「吉林産米」のブランドを強化するため、吉林省は近年このような取り組みを進めている。これにより吉林産米にグリーンで健康的なイメージを持たせ、さらに稲作農家に副収入をもたらしている。吉林省のグリーン食品、有機食品、無公害農産品、農産品地理マーク(「三品一標」)の栽培面積は、昨年末に約69万ヘクタールに達した。
 中国のグリーン・有機食品の需要は急拡大しており、農業も「量」から「質」への重視に転じ始めている。
 中国政府が今月発表した文書は、農業グリーン発展の全体目標を初めて全面的に打ち出した。耕作面積を減らさず、質を落とさず、地下水を基準以上に汲まず、化学肥料と農薬の使用量の増加を防ぎ、農作物の茎、家畜の糞便、農業用フィルムなどの農業廃棄物を完全に利用するとした。全体目標はさらに、2020年までの具体的な目標、2030年までの長期目標を設定した。中国農業部(省)の韓長賦部長は、「これは党中央が発表した初の農業グリーン発展関連文書であり、農業グリーン発展のロードマップとスケジュール表を作成した」と説明した。
 中国の農業現代化は5年間で大きな成果を手にした。食糧生産量は6億トン以上、野菜・果物生産量は7億トン以上に達した。しかし農業の資源消耗に依存する荒削りな経営方式に根本的な変化は生じておらず、環境汚染と生態退化の流れにブレーキがかけられておらず、グリーン・高品質生態農産品の供給の拡大が必要だ。そのためこのロードマップの発表には重要な意義がある。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

2017/8/30更新
「南シナ海行動規範」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/10/12更新
「2017年上半期の国際収支の状況」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

2017/10/2更新
最新テーマ: 資源

取材リポート

2017/10/16更新
「大都市の地震対策は待ったなし 和田章日本学術会議分科会委員長に聞く」

中国の法律事情

2017/10/18更新
「民法典は異彩を放てるか?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/10/5更新
「歳月を経てさらに盛り上がる中日協力―白芨灘生態協力の24年」

日中の教育最前線

2017/8/28更新
「中国の教育資源が集中した現象に対する分析―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/10/16更新
「江戸「蝦夷錦」と清代の中日辺境貿易」

中国実感

New

2017/10/20更新
「ビッグデータ時代に偽物の商品をつかまされる確率は?」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:54,395,903