港珠澳大橋に4Gネットワーク開通

2018年 7月19日

 広東・香港・澳門(マカオ)三地が共同で建設しているスーパー級の海上橋プロジェクト「港珠澳大橋」にこのほど、4Gネットワークが開通した。新華社が報じた。
 ネットワーク構築工事の請負から完成まで、3年2ヶ月の月日を費やし、中国鉄塔公司が担当した港珠澳大橋主体工事モバイル通信インフラがこのほど竣工した。
 中国鉄塔公司珠海市支社の馮程・副総経理は、「通信プロジェクトはすでに、中国電信・中国移動・中国聯通の通信キャリア3社によるネットワーク検収テストが終了している。情報の『大橋』と港珠澳大橋の建設は、同じペースでの計画・設計・建設が実現した」と述べた。
 テストの結果、港珠澳大橋の深さ約50メートルの海底トンネル内で、携帯端末の4Gネットワーク信号は完全に受信されていることが確認された。
 中国鉄塔公司珠海市支社の楊凱プロジェクトマネージャーは、「香港とマカオで使用できる電話カードを持っている住民は、大陸部キャリアのローミングサービスに申し込めば、港珠澳大橋上で4Gネットワーク通信を使うことができる」と説明した。
 景観を損ねないために、通信施設全体では、それぞれのベースステーションを建設することはせず、「シェア」方式で、大橋の構台や電柱などの公共塔および機械室、電力供給システム、搬送パイプなど、現有の施設塔を利用して通信タワーを建設、大橋の資源を100%シェアしている。
特殊な気候条件などの原因のため、港珠澳大橋のネットワーク通信施設のうち、外部に露出している設備は全て、17級レベルの強風に対する抵抗性を備えている必要があり、あらゆる金属部品は、亜鉛メッキ処理が施されたほか、塩水噴霧による腐食を防ぐために艦船用塗料(漆)による塗装が施された。
 港珠澳大橋は全長55キロメートル、橋、島、トンネルが一体となった主体プロジェクトおよび香港・マカオ・珠海三地を結ぶラインで構成されている。主体工事は2017年12月31日にほぼ完成し、大橋が予定通り開通する条件は整っている。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/7/4更新
「大学とは何か、教育のあり方を再考」

富坂聰が斬る!

2018/6/18更新
「習近平VS共青団2」

和中清の日中論壇

2018/6/12更新
「中国の社会経済の変化への日本の課題」

田中修の中国経済分析

2018/6/25更新
「国務院第Ⅱ期李克強体制の課題」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/6/29更新
「日中金融協力の再開」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2018/7/20更新
「白岩松さんの“W杯ショータイム”」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

科学技術トピック

2018/6/30更新
最新テーマ:ICT分野

取材リポート

2018/7/12更新
「中国の活力を日本の活力に 通商白書が経済変化詳述」

中国の法律事情

2018/6/22更新
「規制緩和:外商投資証券会社管理弁法について」

日中交流の過去・現在・未来

2018/6/20更新
「―元重慶総領事 瀬野清水さんに聞く―きっかけを転換点に、日中新時代を切り開く」

日中の教育最前線

2018/6/14更新
「教育の“歪み”のスケープゴート?『オリンピック数学』」

中国の大学

New

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/7/5更新
「青木正児と『江南春』」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/6/15更新
「植物の遺伝子を自在に改変する技術開発―在中国日本人らの研究チーム」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:60,024,279