中国の高速鉄道用大スパン斜長橋、制限時速350キロに到達

2018年 9月3日

 中国の高速鉄道用大スパン斜長橋の建設が技術のボトルネックを解消し、制限時速が250キロから350キロに向上した。世界初の設計時速350キロ大スパン高速鉄道斜長橋「昌◆高速鉄道◆江特大橋」(◆は章に夂の下に貢)が31日、閉合に成功した。科技日報が伝えた。
 同橋の全長は2.156キロで、メインブリッジはメインスパン300メートルの重ね梁斜長橋だ。メインスパンのタワーの高さは120.6メートル。設計時速が350キロに達するスパンが最大の橋となる。技術の制限があり、中国の高速鉄道用大スパン斜張橋の最高設計時速は250キロだった。そのため中国鉄路総公司は同橋の建設で、多くの科学試験を行った。
専門家によると、鉄道は負荷が大きく、道路12本分に相当することになるため、メインビームが受ける負荷が大きく、疲労現象を起こしやすい。また、橋を通行するのは高速列車であるため、橋の構造の強度、クリープ線の変形、動力性能などで厳しい条件を突きつけられる。斜張橋は柔軟な構造であり、負荷を受けると大きく変形する。軽量な橋で高速鉄道の安定的な運行をサポートすることは、同橋の設計の重要内容だった。
 大量の比較分析により、中鉄第四勘察設計院集団有限公司は設計面で初めて鉄筋コンクリート重ね梁斜長橋を同橋に応用した。コンクリートの耐圧性と鉄の引張抵抗性を結びつけることで、メインビームの重力の強度を強化。橋面のコンクリート板を事前に作っておくことで、クリープ線の収縮による影響を大幅に減少させた。技術問題を解消すると同時に、鉄筋コンクリート重ね梁斜長橋の経済効果を発揮し、1メートル当たりの鉄使用量をわずか12.5トンとした。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/8/1更新
「米中貿易戦争の中国経済へのよき影響」

富坂聰が斬る!

2018/8/22更新
「米中経済戦争」

和中清の日中論壇

2018/8/13更新
「新疆の経済と辺境の発展を考える」

田中修の中国経済分析

2018/6/25更新
「国務院第Ⅱ期李克強体制の課題」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2018/8/30更新
「人民元為替レートの動向」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/7/20更新
「白岩松さんの“W杯ショータイム”」

科学技術トピック

New

2018/8/30更新
最新テーマ:ロボット分野

取材リポート

2018/8/24更新
「超急速充電規格を共同開発 EV普及加速で日中企業団体が覚書調印へ」

中国の法律事情

New

2018/8/29更新
「中国における第4次産業革命の最新情勢」

日中交流の過去・現在・未来

2018/7/25更新
「―元中国駐箚特命全権大使 丹羽宇一郎氏に聞く―「民が官を動かす」日中の民間交流をより強く」

日中の教育最前線

2018/6/14更新
「教育の“歪み”のスケープゴート?『オリンピック数学』」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/8/21更新
「崔富章「版本目録論叢」を読む」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/6/15更新
「植物の遺伝子を自在に改変する技術開発―在中国日本人らの研究チーム」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:61,058,415