中国の北斗産業における生産額が2020年に4000億元以上に

2018年 9月10日

 中国衛星測位システム管理弁公室主任で北斗システム報道官の冉承其氏は5日、四川省綿陽市で、「中国の北斗産業は2009年より毎年20−30%のペースで成長を続けており、2020年には生産額が4000億元(1元は約16.16円)以上に達する見通しだ」と述べた。新華社が伝えた。
 中国衛星測位・位置サービス第7回年次総会ならびに中国北斗応用大会が同日、綿陽市で開幕した。
 北斗衛星測位システムチーフデザイナーの楊長風氏は、「2週間後、37・38基目の北斗衛星が打ち上げられる。北斗2号システムのアジア太平洋地域でのサービスを引き続きサポートしていくのと同時に、世界に向けてサービスを提供する北斗3号システムの最後の戦いに向けた歴史的な発展段階にある」と話した。
 冉氏は取材に対し、「北斗2号と比べると、北斗3号は衛星の製造水準で大きな飛躍を実現した。1基の性能と信頼性が大幅に向上し、衛星の全体的な耐用期間が従来の8年から現在の10−12年に延びた。北斗衛星のすべての重要技術とコア部品を中国が自らの力で開発、生産している」と述べた。
 中国科学院院士の楊元喜氏は、北斗の応用状況について、「中国には14万人の漁業従事者がおり、遠洋航行・作業で頻繁にリスクに直面する。北斗衛星測位システムを応用することで、効果的な早期警戒と迅速な捜索救助が可能だ。漁業部門は2017年に漁船785隻、漁業従事者5401人を救助し、経済的損失を5億4500万元減らした」と例を挙げた。
 楊氏はさらに、「北斗高精度サービスは、運転アシスト、精確な農業、運転免許試験、勾配の観測、スマートホームなど、国民生活の各方面で業界を跨ぐ融合を実現している。また融合を特徴とする『北斗+インターネット+その他の業界』という新モデルが、北斗時空情報を主な内容とする新興産業生態チェーンを構築中で、かつ北斗産業の高度発展の新たなエンジンとブースターになろうとしている」と指摘した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/8/1更新
「米中貿易戦争の中国経済へのよき影響」

富坂聰が斬る!

2018/8/22更新
「米中経済戦争」

和中清の日中論壇

2018/8/13更新
「新疆の経済と辺境の発展を考える」

田中修の中国経済分析

2018/6/25更新
「国務院第Ⅱ期李克強体制の課題」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/8/30更新
「人民元為替レートの動向」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/7/20更新
「白岩松さんの“W杯ショータイム”」

科学技術トピック

2018/8/30更新
最新テーマ:ロボット分野

取材リポート

New

2018/9/5更新
「四川省産業発展戦略に日立が協力 産業・健康管理分野などデジタル化で」

中国の法律事情

2018/8/29更新
「中国における第4次産業革命の最新情勢」

日中交流の過去・現在・未来

2018/7/25更新
「―元中国駐箚特命全権大使 丹羽宇一郎氏に聞く―「民が官を動かす」日中の民間交流をより強く」

日中の教育最前線

New

2018/9/6更新
「大学イノベーションインテリジェンス導入の新たな動向」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/8/21更新
「崔富章「版本目録論叢」を読む」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/6/15更新
「植物の遺伝子を自在に改変する技術開発―在中国日本人らの研究チーム」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:61,318,064