「嫦娥」「玉兎」がお目覚め 月の夜の気温、中国が初観測

2019年 2月1日

 国家航天局への31日の取材によると、月探査機「嫦娥4号」着陸機が北京時間30日午後8時39分、太陽光を浴び自動的にスリープモードを解除した。月面ローバー「玉兎2号」も同29日午後8時に自動的にスリープモードを解除していた。科技日報が伝えた。
 着陸機と月面ローバーは月の裏側で極端な低温環境の試練に耐え、太陽の位置の変化に基づき主体的に「月の夜スリープモード」を解除した。重要設備が予定のプログラムに基づき次々と電源を入れ、初となる月の夜を安全に過ごした。また着陸機に搭載されている同位体温度差電池は月の夜の気温捕捉装置に順調に電力を供給し、同装置の観測エリアにおける初の月の夜の気温変化状況のモニタリングをサポートした。これにより中国月探査プロジェクトは初めて月の夜の気温観測データを手にした。
 月面ローバーは着陸機から北西方向に約18メートル離れた場所にある。いずれも正常に稼働しており、通信中継衛星「鵲橋」により地上と安定的なデータ伝送・通信を維持している。初の月の夜の気温観測データによると、月表面の気温は最低で氷点下190度に達した。長時間の低温環境は、月探査機の「生存」が直面する厳しい試練だ。嫦娥4号が今回搭載している同位体熱源は、月の夜の期間中に熱供給を続け、日照がなく低温という難題を解消した。
 月の裏側に軟着陸してから1週間以上たつと、嫦娥4号と玉兎2号は初の月の夜を迎えた。嫦娥4号は1月12日にスリープを開始し、玉兎2号は13日まで稼働した。玉兎2号は日が当たる坂の上でスリープした。南南東の方角を向き、3度ほど上を向いていた。この位置と姿勢は地上スタッフが工夫して選んだもので、いち早く日照を浴びることができる。玉兎2号の走行距離は現在、約44メートルに達している。
 月の1昼夜は地球の約28日に相当する。1日目の日中に、嫦娥4号と玉兎2号は任務を完遂し、鵲橋の力を借りて相互撮影を順調に遂行した。地上が受信した画像は鮮明だった。科学ペイロードがスムーズに電源をオンにし、稼働開始した。多くの国と組織が参加する科学探査任務が次々と展開された。着陸機地形カメラは着陸エリアのパノラマ撮影を行い、月のフルカラーパノラマ写真を送信してきた。2日目の月の日中に、着陸機と月面ローバーの科学ペイロードは計画に基づき、引き続き科学探査を展開する。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2019/1/28更新
「必要な科学技術と必要のない科学技術」

富坂聰が斬る!

2018/12/27更新
「米中経済戦争の行方」

和中清の日中論壇

2018/12/25更新
「新時代の中国はどんな中国か」

田中修の中国経済分析

2019/1/4更新
「民営企業の発展支援」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2019/01/30更新
「引き続く金融緩和政策」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/12/28更新
「卓球の上達には中国語が欠かせない?」

科学技術トピック

New

2019/1/29更新
最新テーマ:原子力

取材リポート

New

2019/2/1更新
「薬用作物の生産体制づくり進む 農水省主催シンポで各地の取り組み報告」

中国の法律事情

New

2019/1/31更新
「2018年の中国における重要立法を振り返る(上)」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

2019/1/15更新
「常州工程職業技術学院:グローバル化人材の育成で『先手を打つ』」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2019/1/24更新
「ある一つの文化起源 福建省【永定土楼群と湄州島】」

中国実感

2019/1/16更新
「中国お手伝いさん事情――無敵の「おばさん」からアプリの専門サービスへ」

北京便り

2019/1/22更新
「ゲノム編集ベビー事件の調査結果」

中国からの研究生活だより

New

2019/2/1更新
「中国の東南アジア?中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

中国で研究活動 求人公募情報

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:66,126,495