トップ >科学技術「国際技術力比較調査」における各分野の分析> 「国際技術力比較調査」における各分野の分析

「国際技術力比較調査」における各分野の分析

概説

 独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センターでは、我が国の技術力の国際的なポジションを把握するため、5つの分野に分けて「国際技術力比較調査」を行っている。

 対象の分野は①電子情報通信、②ナノテクノロジー・材料、③先端計測技術、④ライフサイエンス、⑤環境技術であり、対象国・地域は日本の他、米国、欧州、中国、韓国で、それ以外の国を必要に応じて追加している。
技術力の比較として、三つのフェーズで比較している。具体的には、①大学・公的研究機関における研究レベルとして「研究水準」、②企業における研究開発レベルとして「技術開発水準」、③企業における生産現場の技術力として「産業技術力」である。
調査方法として、まず、研究開発戦略センターで5つの分野をより小さな分野に区分けし、その区分けした分野をさらに5分野全体で244の綱目に区分けしている。研究開発戦略センターではこの区分けした綱目を「中綱目」と呼んでいる。

 それぞれの分野での中綱目数は次の通り。

  • 電子情報通信       56中綱目
  • ナノテクノロジー・材料  66中綱目
  • 先端計測技術       32中綱目
  • ライフサイエンス     48中綱目
  • 環境技術         42中項目

 これら244中綱目ごとに専門家の見識で各国・地域の技術力比較を作成している。係わった専門家(執筆者)の数は5分野全体でのべ319名になる。
これら5分野の国際比較の結果について、研究開発戦略センターで既に冊子を作成するとともに、同センターのホームページで公開している。

 ここでは、これらの研究開発戦略センターの中綱目毎の調査結果を基に、分野全体としての技術力比較を行うとともに、いくつかの中綱目をカテゴリー化したものの技術力比較を行った(ベンチマーキング)。さらに研究開発戦略センターの冊子にある中国に関しての記述を、適宜抜き出してこれを示した。5つの分野の全体的な記述や、その中で中国が世界的に最先端にある部分等に関しては要約を付し、それぞれの上部に示した。特記すべきことがない部分には要約は付さなかった。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468