【13-13】尖閣問題で中国が受け入れる方法を ヴォーゲル氏提言

2013年 9月 9日 小岩井 忠道(中国総合研究交流センター)

 日本と中国の研究で知られるエズラ・ヴォーゲル米ハーバード大学名誉教授が9月2日日本記者クラブで記者会見し、尖閣問題で日中間が非常に危険な状態にあるとの懸念を示した上で、両 国指導者のメンツを守る新しい方法を見つける工夫が求められている、と語った。

写真

 ヴォーゲル氏は、日中首脳が話し合う必要を強調する一方で、「条件なしに話し合いたい」という安倍首相の姿勢にも理解を示し、「あせって会談を急いでも中国側のよい反応は期待できない」と 問題打開の困難さも指摘した。この理由として尖閣問題に対する中国側の考えが変わっていることを挙げ、鄧小平氏が言った「棚上げ」(注:1978年10月、日中平和友好条約批准書交換のため来日した鄧小平・当 時中国副首相が日本記者クラブの記者会見で発言)という状態に戻ろうと仮に日本側が望んでも、現時点では中国側は認めないだろうとの見方も示している。

 氏は「ニュアンス」という言葉を用い、微妙な差異のある何らかの方法を見つける必要を繰り返し強調した。それが、結局は「棚上げ」と同じことを意味したとしても、ということだ。尖 閣諸島の所有権に「 問題がある」ことを認めてほしいというのが中国の要求だから、現状のままでは中国は「棚上げ」も認めない。従って「大事なことは中国が受け入れることだ」と、話し合いでは「全く問題はない」と いう立場から日本が踏み出すことを促した。

 「行政は日本が担当しているが、所有権は決まっていない。しかし、日本は同盟国なので、もし戦いなど問題が起きれば日本を支持する」。こうした米国の立場について、氏自身も「合理的」と 考えていることも明らかにしている。

 歴史認識問題については、欧米との関係改善を望む中国が、日本の立場を悪くしたいとの狙いから、第二次世界大戦で日本が悪いことをしたと強調している、との見方を示した。同時に、米 国の特に中国の専門家たちは、氏の友人も含め「同盟国である日本に協力したいのに、どうして日本はもう少し第二次世界大戦でしたことを認められないのか、と考えている」と日本に注文もつけている。「 第二次世界大戦で間違った行為をしたことを中国人が納得するよう十分に認めてこなかった」と苦言を呈する一方、「戦後、日本人が平和を重んじてきたことももっと説明すべきだった」とも語った。

 「最近20年間、日本の首相がめまぐるしく変わったことなどもあって、日中間のパイプが少なくなっている」。日中間のコミュニケーションが悪くなった理由を挙げ、あ らゆるパイプを使って中国とのコミュニケーションを改善することを提言した。自衛隊OB将官と中国人民解放軍軍人との間で長年交流が続いている例を示し「こうしたパイプが非常に大事だ」と評価している。

 ヴォーゲル氏は、日本でも評判になった『ジャパン・アズ・ナンバーワン』の著者として有名。「『中国・アズ・ナンバーワン』という本を書けと勧める人がいるが、その気はない。『ジャパン・アズ・ナ ンバーワン』を書いたとき、日本はたいした国ではない、と多くの米国人は思っていた。しかし、中国がどんどん強くなることは皆知っている。驚かすようなタイトルは必要ない」とも語った。

日本記者クラブウェブサイト: エズラ・ヴ ォーゲル氏記者会見


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339