【15-03】改革怠れば危機浮上も 柯隆氏が中国経済見通し

2015年 1月23日 小岩井 忠道(中国総合研究交流センター)

image

 中国の経済状況に詳しい柯隆富士通総研主席研究員が1月19日、日本記者クラブ主催の研究会で中国の経済見通しについて講演、「中国経済は習近平政権がここ4、5年できちんとした政治・経 済改革ができれば持続可能な成長は可能だが、改革を怠れば危機が浮上する」との見方を示した。

 柯氏は、リコノミクスと呼ばれた李克強首相主導の経済政策がこの2年間で「完全に失敗した」と厳しい評価を下した。李首相が意図したのは、拙速な金融緩和をせずに、輸出・投 資に依存する経済から消費に依存する経済に転換すること。さらに深刻な環境汚染を引き起こしてきた産業を廃しエコな産業へ転換し、国有企業は民営化する、というものだった。しかし、こ うした構造転換ができなかった、と氏は断じている。

 最近、代わりに言われ出した「新常態」という掛け声に対しても、「経済減速もやむなし」と言うと否定的な印象を与え、国民の反発を招くことを恐れての造語としている。結局、今年は金融緩和策を進め、3 年ほどは7%前後の経済成長率を維持できるのではないか、との見方を示した。一方、柯氏自身が続けている中国の幹線道路のコンテナ通過量を実際に調べるという定点観測結果などから判断すると、実 際の経済成長率は6%前後とみられる、とも語った。公的には7.4%とされた昨年の成長率について、昨年11月に米国で開かれたあるシンポジウムでは、実際は5%程度、というのが参加者たちの共通認識だった、と いう事実も紹介した。

 政治改革が行われなかった結果による影響の深刻さも氏は、指導層の腐敗横行と格差拡大の実態を示すことで説明している。改革開放政策で35年間経済成長に取り組んできたものの、所得分配の枠組み、制 度づくりは成されなかった。この結果、共産党高級幹部、国有企業経営者、民間企業オーナーという全人口の3%にすぎない勝ち組が富の75%を支配しているのが現実だ、としている。

 柯氏は現在の中国の姿を一部の特権階級が優遇される「半封建社会」と呼び、習国家主席が政治の面においては個人崇拝が顕著だった毛沢東時代の復活を考え、経済面では資本主義を引き続き目指し、社 会的には民族主義とナショナリズムの高揚という互いに相反するベクトル(進路)を掲げて国を統治し、中華民族の復興を図ろうとしている、と見ている。

 柯氏によると、中国国内で2013年に1,000万円級の乗用車が125万台売れ、世界で売れた2,000~3,000万円の高級車8,000台のうち2,600台は中国人が購入した。所 得分配の不平等差を示す指標として使われるジニ係数では、0.4を超えると社会が大混乱する危険が高まるとされるが、中国は0.475に上る。こうした現実を挙げ、農 民一揆によって政権交代が繰り返されてきた中国の歴史を思い起こせば、最底辺の農民層のボトムアップと都市部住民を中所得層にする所得再分配ができないと、暴動や大規模デモなどが大変な事態が起きるだろう、と 氏は警告している。

 金融緩和の方向に向いていることで、「住宅バブル崩壊は遠のいた」との見通しを示したが、一方で住宅価格が勤労者家族の平均年収の20倍に達しているという数字を挙げて「既にバブルの状態にある」と 明言した。新築住宅のうちでマイホームとして購入された実需に相当するのは60%程度しかなく、残りは投資・投機目的というデータも示し、この背景に「貯蓄より収益を重んじる」中国人の国民性に加え、日 本と異なり賃貸住宅市場がほとんどない中国特有の現実があることも指摘している。

 金融情勢の変化に対し最も危ういのが地方政府によってつくられた投資会社で、銀行から借りた金の一部を不動産投資に向けていることが金融危機の発火点になる可能性も示した。


YouTube動画サイト  日本記者クラブ主催研究会・柯 隆富士通総研主席研究員「中国の経済も通し」

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339