【17-34】中国の影響力増大 IEA世界エネルギー展望公表

2017年12月28日 小岩井忠道(中国総合研究交流センター)

 中国のエネルギー政策変更が世界のエネルギー動向を大きく変える、とする報告書を国際原子力機関(IEA)がまとめ、公表した。報告書は、世界のクリーンエネルギー化移行を早めるなど、中国の影響力が増大していることを大きな変化の一つに挙げている。

 IEAは毎年、世界のエネルギー動向を見通した「世界エネルギー展望(ワールド・エネルギー・アウトルック)」を公表している。12月14日、ティム・グールドIEAエネルギー供給見通し担当部長が来日、日本人記者向けに今年の報告書の内容を詳しく説明した。報告書は、各国が公表しているエネルギー政策に沿った場合のエネルギー需要や消費の見通しを「新政策シナリオ」として分析し、2040年までにどのような変化が生じるかを示している。

image

グールドIEAエネルギー供給見通し担当部長(OECD東京センターで)

 グールド部長が、大きな変化としてまず指摘したことは、「中国は2040年までにエネルギー成長の主たるドライバー(けん引役)ではなくなる」という展望。2016年~2040年間に世界のエネルギー需要がどう変わるかを表す地図を示し、中国のエネルギー需要の増加が鈍化し、インドがけん引役として取って代わる見通しを明らかにした。2040年までの今後25年間で、インドのエネルギー需要は原油換算で10億500万トン。中国はインドに次いで多いものの7億9,000万トンにとどまる。

image

(「World Energy Outlook 2017」から=OECD東京センター提供)

 燃料別に見た世界のエネルギー需要の変化を示したグラフでも、2040年までに中国が果たす役割の大きさが明快に示された。1990~2016年間に世界全体で20億トンに上った石炭需要は、2016~2040年間では5億トン余りと4分の1に激減する。中国が大量に使わなくなるためだ。1990~2016年間に世界全体で1日当たり2,700万バレルだった原油の需要も約3分の1に減る。これも中国の需要が大幅に減るとの見通しが影響しているのが分かる。反対に天然ガスや、再生可能エネルギーの需要は伸び、こちらも中国の需要増が大きな割合を占めている。

image

(「World Energy Outlook 2017」から=OECD東京センター提供)

 「中国の石炭需要は2013年をピークに頭を打った。2016年に世界で生産された太陽光パネルの半分は中国。その他、風力、原子力、バッテリー技術など低炭素技術への投資で中国は世界を先導している」。「石炭の需要減も低炭素エネルギーの需要増も中国の燃料シフトが大きな影響力を持つ」。グールド部長は、中国の新たな経済モデルとクリーンなエネルギー構成への転換が、世界でも同様な動きを推し進めるとの見通しを、このように説明した。

 新政策シナリオでは、世界経済が2040年までに年平均3.4%成長し、人口が現在の74億人から90億人を超えるとの予測が前提となっている。世界全体のエネルギー需要は、2040年までに現在より30%増えるとされた。伸び方はこれまでより鈍化する。しかし、中国の大きな変化がなければ、この程度の需要増ではすまないということが、以下の数字からもうかがえる。

 中国はエネルギー需要の伸びが2000~2012年間に年平均8%あった。しかし、2012年以降は2%未満に低下、さらにこの後2040年までは年1%に鈍化するとみられる。需要鈍化の主な要因とされているのは、エネルギー効率化を狙う規制だ。また、2040年までの世界の新規風力発電、太陽光発電設備の3分の1が中国で導入され、電気自動車への投資額は世界全体の40%を占める。毎年200万人もの早期死亡者をもたらしているといわれる大気汚染の主要な原因とされる石炭の使用量は、2013年をピークに2040年までに15%減少する。さらに乗用車とトラックに対する厳格な燃費対策と、自動車の4台に1台が2040年までに電気自動車になるという変化を考慮すると、もはや中国は世界の石油消費の主要なけん引者ではなくなる、との見通しが示された。

 石炭、石油に代わり再生可能エネルギーが主役になる変化については次のような数字が挙げられている。再生可能エネルギーは、世界全体の発電所向け投資額のうち3分の2を占め、多くの国で新規の電源の中で最も低コストの電源となっている。太陽光発電は中国とインドを中心に急速に普及し、2040年までに低炭素発電で最大の供給源になる。再生可能エネルギー全体では、2040年までに総発電量の40%に達する。欧州連合(EU)ではすでに新規発電容量のうちの80%を占めるまでになっているが、風力発電が陸上、海上ともに大幅増となるため、2030年すぎから全体としても再生可能エネルギーが主要な電源になる。

 中国の石炭、石油依存からの転換を可能にするのは、再生可能エネルギーとともに天然ガスの需要増だ。石炭、石油に比べ温暖化の主原因になる二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない天然ガスの需要増を可能にしたのは、米国が開発したシェールガスだ。2020年半ばまでに米国は世界最大の液化天然ガス(LNG)輸出国になり、シェールガス同様、頁岩層から採取されるタイトオイルにより、その数年後には米国は石油の純輸出国になる、との見通しも、IEA報告はもう一つの大きな変化としている。

 中国と米国のこうした変化に加え、「クリーンエネルギー技術の急速な普及とコストの低下」と「エネルギーの電化の進展」も大きな変化とされた。「電化の進展」に関しては、冷房、産業用モーターシステム、端末機器用などの需要が増えるのに加え、現在、200万台しかない電気自動車も2040年には2億8,000万台に増え、電力需要を押し上げる。こうした需要に対応し、電力消費は2040年までにエネルギー最終消費の増加分のうちの40%を占めるようになる。中国だけで、2040年までに現在の米国の発電容量に匹敵する新規発電容量を増やす必要があり、インドは現在のEUの発電規模に匹敵する発電容量の増強が必要になる、とされた。

 説明の最後にグールド部長は、これまでと異なるエネルギーモデルを早期に展開しようとしている中国の影響が大きくなる可能性を重ねて指摘し、中国の動向にこれまでと違った視点で関心を持ち続ける必要を強調した。

関連サイト

関連記事


 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2017/12/27更新
「挨拶からみる世相の変化」

富坂聰が斬る!

2017/11/6更新
「EVの未来」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2017/11/29更新
「19回党大会報告の留意点」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/12/18更新
「IMFの中国金融安定評価レポート」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/11/21更新
「世界に波及・中国人の大型連休」

科学技術トピック

New

2017/12/25更新
最新テーマ: 農林水産

取材リポート

New

2017/12/28更新
「中国の影響力増大 IEA世界エネルギー展望公表」

中国の法律事情

New

2017/12/27更新
「中国における職業的クレーマーの是非について」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/12/28更新
「年齢を重ねてなお輝く青年の志―中国工程院院士 瀋陽薬科大学元学長 曁南大学薬学院名誉院長 姚新生教授」

日中の教育最前線

2017/12/14更新
「中国の高校生の科目選択と「高中学業水平考試(高校学業レベル試験)」について-当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:55,969,052