「月宮1号」実験室、志願者が人工生態系内で365日間密閉生活

2017年 5月11日

 北京航空航天大学が開発した「月宮1号」実験室が10日に再稼働し、1年間の「月宮365計画」と呼ばれる実験を開始した。月宮1号は中国初、世界3番目の宇宙基地生命保障地上総合実験装置。同計画は365日間にわたり、多人数で密閉度の高い環境において、生物再生生命維持システムの総合実験を行う。これは世界最長の、密閉度の最も高い実験となり、宇宙飛行士に向け、密閉度の高い環境における再生生命維持システムを構築する。人民日報が伝えた。
 月宮1号のチーフデザイナー・首席科学者、北京航空航天大学生物・医学工学学院教授の劉紅氏によると、月宮1号は地球環境と同じ小型生物圏で、宇宙飛行士が地球から遠く離れた宇宙で長期生活するという目標を実現する。これは1つのメインルーム、2つの植物ルームからなる。総合ルームには居住用の部屋、人員交流と勤務用の部屋、トイレ、ごみ処理・昆虫の部屋が含まれる。植物ルームは各種植物の成長の需要に応じて、環境条件を個別で制御できる。
 今回の実験期間は365日。志願者は8人で、2チームに分かれる。Aチームが60日間、Bチームが200日間にわたりこの施設の中で暮らし、それからAチームが後を継ぎ、さらに105日間暮らす。第1陣の志願者である劉慧氏によると、今回の実験期間は大幅に延長され、これまで栽培されたことのある植物に加え、じゃがいもやナスなどの品種が選ばれているという。
 月宮1号の中核をなすのは、生物再生生命維持システム(BLSS)だ。これは世界で最も先進的な10大重要技術のうち、その優先度が最も高い。有人宇宙船を宇宙に送り込めば、地上からの物資補給をまったく、もしくはほとんど必要としないことが特長だ。酸素、水、食料はシステム内のバイオ技術により再生される。宇宙飛行士は長期的に船内で勤務・生活でき、長期間の有人宇宙・惑星探査が可能になる。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

2017/4/18更新
「米中の摩擦」

和中清の日中論壇

2017/4/25更新
「習近平主席の「核心」の意義」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/4/25更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(1)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/4/21更新
「銀行間市場金利の上昇」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

New

2017/4/28更新
最新テーマ: ナノテクノロジー・材料分野

取材リポート

New

2017/5/9更新
「比類ないネットワーク持つ外国専門人材の窓口機関=改革開放後は人材交流にも力―中国外国専家局」

中国の法律事情

2017/4/18更新
「裁判官による裁量」

日中交流の過去・現在・未来

2017/4/12更新
科学者・栗原博:「彼はなぜこれほど中国を愛するようになったか」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/4/28更新
「『静嘉堂』の過去と現在」

中国実感

New

2017/5/11更新
「一台あればどこでも行ける! 中国で広まる携帯電話の多様な応用」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,900,252