中国のスパコン、国産チップを初搭載 CPU総数の7分の1

2010年 11月18日

国防科技大学計算機(コンピュータ)学院「天河1号」工程弁公室の李楠主任は国家スーパーコンピュータ天津センターで17日、このほど世界最速を達成したスパコン「天河1号」には、部分的に国防科技大学が自主開発した国産チップ「銀河飛騰-1000」が搭載されており、その数はすべてのCPUの約7分の1に達したことを明らかにした。中国のスパコンで、知的所有権を持つチップが使用されたのは今回が初めて。「新華網」が17日に伝えた。

李楠主任によると、「天河1号」の開発当初、その他の要となる部品・オペレーティングシステムなどはすべて中国が自主開発したものだったが、CPUだけは輸入物を使用していたという。現在は「超高性能CPUの開発」という難題も解決した。国産チップは国防科技大学が天河シリーズスパコンのために特別に開発したもので、世界の主流サーバーで使用されるCPUのレベルに近づいている。

CPUはコンピュータの核心的部品であり、コンピュータの「心臓」とも言われている。李楠主任は、「すべてのCPUを我々の開発したCPUと交換することも可能だ。しかし現在はアプリケーションソフトの発展が追いつかないため、少しずつ交換していく必要がある。個々の性能で見れば、我々のCPUは世界最先端レベルにはまだ劣るが、現在開発中の次世代CPUでは、世界最先端を目指している」と述べる。

「天河1号」1期システムは2009年9月に開発された。これにより中国は米国に次ぎ、世界で2番目にペタFlops級のスパコンを開発した国となった。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468