中国、米・日に次いで大容量記憶技術を掌握

2012年 5月3日

 浪潮集団が自主開発したPB(ペタバイト)級の高性能大容量記憶システムが3月、国による検収に合格した。これは「第11次五カ年計画(2006-2010年)」および、「863計画(ハイテク研究発展計画)」の重大プロジェクト、「大容量記憶システムのキーテクノロジー研究」の成果である。人民日報海外版が3日に報じた。

 中国がマルチコントローラ・スイッチ構成の記憶システムを開発したのはこれが初となる。中国はこれにより、ハイエンドメモリ分野でゼロからの突破を果たし、市場と技術が長期的に国外メーカーに占領されてきた局面を打開した。また、中国は米国と日本に続き、世界で3番目にハイエンドメモリのキーテクノロジーを掌握した国となった。

 中国のこれまでの技術では、メモリコントローラを2つ搭載するデュアルメモリコントローラ構成が最大だったが、大容量記憶システムでは、メモリコントローラを8つ搭載するシステムの開発が目標とされた。その接続の複雑さはデュアルメモリコントローラの16倍にのぼり、さらにシステムの性能と信頼性を保障することは非常に困難だ。

  浪潮は3年間の研究の末、国内初となる8つのメモリコントローラを搭載するシステム構成を開発、国産大容量記憶システムのゼロからの突破を果たし、EMC、IBM、日立に続き、同システムを自主開発した4番目の企業となった。

 浪潮の大容量記憶システムはすでに中国資源衛星応用センターと国家スーパーコンピュータ済南センターで利用されている。中国資源衛星応用センターの業務システムは衛星7基分のデータ受信・処理を担当しており、毎日6TB(テラバイト)、年間2PBのデータを処理する。スパコン済南センターのスパコン「神威藍光」には、浪潮の2.3PB級大容量記憶システムが設置され、1秒あたりの帯域幅は200GBに達し、高性能コンピューティングのバックエンド・メモリのボトルネックが解消された。

 ▽浪潮の大容量記憶システムの特徴

 ・データ管理規模は32PB。これはテレビドラマ600万話分に相当する。中国のドラマ制作量(毎年1万作品、1作品あたり平均20話)から計算すると、30年間分のドラマを全て保存できる。

 ・10億件のファイルを管理できるため、単一システム内に中国国民全ての写真入り資料を保存することも可能。また大規模なインターネット企業の1千日分のファイル(1日あたり100万件増加)を保存できる。

 ・データ転送帯域幅は毎秒64メガに達し、中規模都市の監視カメラ(13万カ所)のデータなら、全て同時にアップロードができる。また、1秒間に14本の高画質映画を保存できる。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468