「海洋石油981」が南中国海で初掘削に成功

2012年 5月10日

 9日午前9時38分、命令を受けた作業員の操作によって深さ1500メートルの海底でドリルビットが動き出し、中国初の独自開発の第6世代半潜水式掘削プラットフォーム「海洋石油981」が香港の南東320キロの南中国海で成功裏に掘削を開始した。中国の石油会社による初の深海ガス油田の単独探査・開発であり、中国の深海石油戦略が具体的な一歩を踏み出したことを意味する。新華社のウェブサイト「新華網」が9日付で伝えた。

 「海洋石油981」の重量は3万トン以上、船底から櫓頂までの高さは137メートルで45階建てのビルに相当する。設備の先進度はさておき、このような非常に巨大な物を広大な海に建築するというだけでも、その難しさは容易に想像できる。

 「海洋石油981」は南中国海の開発のために「テーラーメード」された。世界で初めて南中国海の厳しい海況を考慮して設計された掘削プラットフォームであり、200年に一度の台風にも耐えられる。「北極以外のいかなる海域でも作業を行える」と中国工学アカデミー会員の周守為氏は言う。

 初の掘削には成功したものの、曲海東船長は「海洋石油981」は近く最初の本当に大きな試練に直面すると指摘する。「南中国海の気象条件は複雑で、間もなく季節風の時期を迎える。どうやって船体の安定を保ち、掘削作業に影響が生じないようにするかは厳しい試練だ」。

 「海洋石油981」は160人の作業員のために進んだ生活施設も配備し、快適な生活環境を用意している。

 整った授業員宿舎、明るい食堂に加え、ジムやランドリーも備え、余暇には卓球やダンベル上げをすることができる。作業服は担当者が回収し、ランドリーでまとめて洗濯する。また、冷蔵倉庫には新鮮な野菜が大量に貯蔵されている。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468