中露国境からわずか12キロ、中国最東端の鉄道が完成

2012年 8月21日

 19日、中国最東端の駅「撫遠駅」の竣工に伴い、中国最東端の鉄道「前撫鉄道」が完成した。人民日報が報じた。

 黒竜江省撫遠県は「中国で最も早く太陽が昇る場所」と呼ばれる。「前撫鉄道」は、西は同省同江市前進鎮から東は撫遠県に至り、全長は169.4キロ。

 同鉄道の施工を請け負った中国鉄建二十二局集団前撫鉄道項目部党工委の孫振平書記によると、同鉄道は設計時速120キロで、新設した駅は6カ所、改装した駅は1カ所。終点は中露の国境からわずか12キロの地点に位置する。撫遠駅は中露国境の島、黒瞎子島(大ウスリー島)に隣接しており、川向こうにはロシア極東最大の都市ハバロフスクが見える。同鉄道の建設過程では、中国極寒地区の冬季における1日の線路敷設距離4.5キロメートルという記録を打ち立てた。

 同鉄道の建設により、国内は関連省・区を、東は日本海地区を、北はロシア内陸をそれぞれ結ぶ、川・海・鉄道を使った国際経済貿易ルートが形成され、中国東北地区と北東アジア諸国との経済貿易関係が強化される。特に、中露の経済貿易・科学技術協力戦略を推進する上で、同鉄道は重要な意義を持つ。

 同鉄道は今年9月中下旬より旅客・貨物輸送を開始する。年間貨物輸送量は1500万トン。鉄道開通に伴い、国家一類口岸(出入国検査場)である撫遠口岸では毎年の輸出入総額が20億ドル、通過旅客数がのべ100万人、通過貨物量が300万トンに達する見通し。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468