H10N8型鳥インフルエンザウイルス、ヒト感染の死亡例が確認

2013年 12月19日

 中国国家衛生・計画生育委員会が19日に発表した情報によると、中国疾病予防コントロールセンターの検査を経て、江西省南昌市の73歳の女性がH10N8型鳥インフルエンザウイルスに感染し、12月6日に呼吸困難に陥りショック死したことが確認された。これは中国で初めて確認された、H10N8型のヒト感染の死亡例だ。京華時報が伝えた。
 患者は臨床診断で重傷の肺炎とされ、他にも高血圧・心臓病・重症筋無力症などの基礎的な疾病が見られ、免疫力が低下した。情報によると、患者は生きた家禽市場で働いていたという。患者は11月30日に南昌市の病院に運び込まれ治療を受けたが、12月6日に呼吸困難によりショック死した。患者に接触したすべての人からは、異常が確認されていない。
 同センター緊急センター主任の馮子健氏は、「H10N8型の感染源については、完全に特定されていない。患者が生きた家禽市場で働いていたという情報は、一つの手がかりにしかならない」と語った。
 中国の衛生部門は近年、インフルエンザと原因不明の肺炎に対するモニタリングを強化しており、H1・H3・H5・H7などの各インフルエンザウイルスを発見し、インフルエンザなど呼吸器感染症の予防を強化している。馮氏は、「動物のインフルエンザウイルスのヒト感染はこれまでも発生していた。今回発見されたH10N8型のような偶発的な例は、中国の疾病モニタリングおよび実験室の検査能力の向上と大きく関連している。以前から存在していたが、発見されていなかったというわけだ。同ウイルスが人体から検出されたのは、今回が初めてだ」と述べた。
 ◆全国でH10N8型をモニタリング
 馮氏によると、関連部門は現在H10N8型のモニタリングを強化し、動向を見守っている。H10N8型はその他のヒトに感染する動物インフルエンザウイルスと、全国モニタリングシステムに組み入れられている。
 インフルエンザウイルスはABC型に分かれる。そのうちA型ウイルスの特性は「HxNx」といった形で140種余りの亜種に分かれる。馮氏は、「中国の関連するモニタリングシステムは、改善が続けられている」と語った。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468