中国の高速鉄道、50万人以上の都市をカバーへ

2015年 9月7日

 第2回中ロ交通大学学長フォーラムが発表した情報によると、高速鉄道を中心とする高速旅客輸送ネットワークの営業距離は2020年までに5万キロ以上に達し、人口50万人以上の都市の8割をカバーする見通しだ。環球網が伝えた。
 中国人民対外友好協会が主催し、北京交通大学が実施した第2回中ロ交通大学学長フォーラムが、5日北京で開催された。両国の60校以上の交通関係の大学が、交通の発展及び交通教育のホットな話題について議論を交わした。中国鉄道総公司チーフエンジニア、中国工程院院士の何華武氏は基調演説で、「新線、設計上の時速が250キロ以上の高速鉄道を統計の基礎とすると、中国の開通済みの高速鉄道は1万7000キロ以上に達し、世界で営業距離が最も長い国となっている」と述べた。
 中国は1800両以上の高速列車を製造・運営している。毎日の運行本数は3000本以上に達し、約300万人の旅客を輸送している。高速列車はすでに速度が異なり、さまざまな機能を持つ製品を形成している。その数、質、運行の効率は、世界の鉄道の先進的な水準に達している。
 何氏は、「中国は時速350キロの高速鉄道の整った技術と設備を持ち、標準を制定・活用している。蓄積された試験・検証・運行データ、および設計、プロジェクト建設、運営、メンテナンスなどの技術・管理のノウハウは、同種類の高速鉄道を建設・運営する際の参考になる」と指摘した。
 中国が製造した最新の高速列車は試験・検証の段階に入り、機能が強化されている。地震緊急警報装置を搭載し、地震波を察知・処理し、車両の運行の制御を行う。また衝突防止装置を取り付けており、高速列車がそれぞれ相対時速36キロで衝突した際にも、運転室の避難空間と旅客エリアが破壊されることはない。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2015/8/27更新
「天津大爆発の教訓」

富坂聰が斬る!

2015/7/7更新
「〝爆買い〟と反日」

和中清の日中論壇

2015/8/7更新
「中国の構造改革を注視すべき」

田中修の中国経済分析

2015/8/18更新
「上半期の経済動向と今後の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2015/8/19更新
「戦後70年目の中国に対する心構えとは何か」

川島真の歴史と現在

2015/4/27更新
「ひまわり学生運動(太陽花学運)から一年」

露口洋介の金融から見る中国経済

2015/8/25更新
「人民元為替制度の改革」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2015/8/11更新
「エキストラたちの『抗日ドラマ』」

科学技術トピック

New

2015/9/3更新
最新テーマ:教育

取材リポート

「日中の産学官連携めぐり熱心に意見交換」 2015/8/27更新

中国の法律事情

2015/7/15更新
「環境保護税の導入について―日系企業が中国において直面する環境リスク」

日中交流の過去・現在・未来

2015/6/29更新
「中国人留学生との関わりを通して」宮崎 計実

日中の教育最前線

2014/10/27更新
「中国の中等職業教育の発展段階と改革動向」陸 素菊

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2015/8/5更新
「近代「国学」と日本」朱新林

中国実感

2015/6/11更新
「畢業照(ビィイエチャオ)、民国風(ミングオフォン)、漢服(ハンフー)―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

 

アクセス数:40,155,773