中国人科学者が世界初の体細胞クローンサルの育成に成功

2018年 1月25日

 世界トップの学術誌「セル」は25日に、オンラインで中国人科学者が世界初の体細胞クローンサルの育成に成功したという成果を発表した。
 中国科学院神経科学研究所、脳科学・知能技術イノベーションセンターの非人類霊長類プラットフォームにはすでに体細胞クローンサルが2匹いる。2017年11月27日生まれの「中中」と2017年12月5日生まれの「華華」だ。
 実は、科学者たちは2000年に霊長類動物のクローンに成功している。その当時、米国オレゴンエリア霊長類動物研究センターの科学者は107個のサル胚胎を368個に分裂させ、「Tetra」と名付けられたクローンサルは胚胎分裂後の第157日に誕生した。
 しかし、中国科学院神経科学研究所の孫強研究員が率いるチームは今回、体細胞のクローンという世界的な難題をクリアした。こうしたクローン方法はクローン羊「ドリー」のクローン方法と類似している。
 孫強氏によると、ドリー誕生後、馬や牛、ウサギ、猫、犬、ラクダといった哺乳動物の体細胞のクローンが相次いで成功したが、人類と近い霊長類動物の体細胞クローンは長い間実現することができなかった。体細胞クローンサルの重要性は1年間のうちに遺伝背景が同じで、人類の病気をシュミレーションすることができるモデルタイプのサルを大量に育成できることにある。
 孫強氏は体細胞を利用して体外で効率的にゲノム編集を行い、正確にゲノム型が同じ体細胞を選び、再度核移植方法を使ってゲノム型が同じ大量の胚胎を育成し、雌サルを妊娠させ、ゲノム編集と遺伝背景が同じサルたちを誕生させるという仕組みについて解説した。こうして誕生したクローンサルが、脳疾患のメカニズム研究や介入、治療などの将来に明るい見通しを与えると見られている。特にアルツハイマーや自閉症といった脳疾患、免疫欠陥、腫瘍、代謝に関わる疾病の薬品開発研究を促進する役割を果たすことが期待されている。
 中国科学院白春礼院長はインタービューに対し、今回の実験成功はこの分野において、世界の先頭に立つという目標を実現し、また中国が率先して体細胞クローンを実験動物モデルとする時代が始まったことを示しているとした。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/1/10更新
「21世紀の教育のあり方―IQとEQ」

富坂聰が斬る!

2018/1/17更新
「朝鮮半島危機」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2018/1/9更新
「2018年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/12/18更新
「IMFの中国金融安定評価レポート」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/11/21更新
「世界に波及・中国人の大型連休」

科学技術トピック

2017/12/25更新
最新テーマ: 農林水産

取材リポート

2018/1/4更新
「広東省のアルミ、紡績工場で日中協力の省エネ実証事業」

中国の法律事情

2017/12/27更新
「中国における職業的クレーマーの是非について」

日中交流の過去・現在・未来

2017/12/28更新
「年齢を重ねてなお輝く青年の志―中国工程院院士 瀋陽薬科大学元学長 曁南大学薬学院名誉院長 姚新生教授」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

北京便り

2018/1/19更新
「中国医薬関連7機関、臨床研究振興を呼びかけ」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:56,589,302