米報告書が中国の科学技術力を「急成長」と評価

2018年 1月25日

 アメリカ国立科学財団(NSF)は最新の「科学工学指標(Science & Engineering Indicators)」2018年版で、米国の科学技術力は資金・論文・人材などの多方面から見ても依然として世界トップであるが、中国の科学技術力が急成長していると指摘した。新華社が伝えた。
 まず、科学技術の革新には資金が必要となる。この報告書のデータによると、中国の研究開発費は2000−15年の間に年平均18%以上も増加した。同期の米国の増加率は4%のみ。発展途上国は研究開発費が小規模だが、伸び率が高い。しかし中国の傾向は、その他の発展途上国とは異なるとしている。

1.ベンチャーキャピタルは科学技術資金の重要な資金源
 報告書によると、2016年の世界の新興技術産業化を支援するベンチャーキャピタルは総額1300億ドル以上に達し、うち米国が過半数の約700億ドルを占めた。他にも26%の資本が中国に流れた。中国が2013−16年に導入したベンチャーキャピタルは、約30億ドルから340億ドルに激増し、伸び率で世界トップになった。

2.科学研究成果を示す論文や特許
 同報告書によると、中国の科学・工学論文数は2003年より急増している。同報告書の統計によると、中国は2016年に発表した論文数で米国を抜き、世界一になった。
 高被引用論文の数を見ると、米国や一部の欧州諸国が依然として先頭を走っているが、中国の論文の世界での被引用回数も増加しており、その数も、世界の上位に入っている。
 研究分野を見ると、米国とEU、日本の論文の重点となっているのは生物医学で、中国とインドは工学となっている。
 同報告書はさらに、アメリカ特許商標庁による特許件数を分析している。その結果、米国と日本、EUによる特許が主流となっており、中国の特許件数はまだ少ないが増加傾向にあることが分かった。分野別に見ると、米国とEUは化学・健康分野が多く、日本は半導体や光学などに集中している。中国と韓国は情報・通信技術分野に意欲的となっている。

3.高等教育が科学技術革新に人材を提供
 同報告書によると、米国は科学と工学博士課程修了者が最も多い国で、中国、ロシア、ドイツ、英国、インドが続いた。
 ただし科学と工学専攻の大卒者を見ると、米国が遅れをとっていることがみてとれる。2014年の世界の理工系大卒者数は750万人以上で、その内訳はインドが25%、中国が22%を占め、米国は10%のみ。同報告書によると、中国の理系大卒者数は2000−14年の間に急増した。
 同報告書は「世界の科学技術発展は活力が満ち溢れている。各国は科学・工学関連分野で独自の強みを持ち、相互依存しつつ、共に世界経済の発展を促している」と指摘した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/1/10更新
「21世紀の教育のあり方―IQとEQ」

富坂聰が斬る!

2018/1/17更新
「朝鮮半島危機」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2018/1/9更新
「2018年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/12/18更新
「IMFの中国金融安定評価レポート」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/11/21更新
「世界に波及・中国人の大型連休」

科学技術トピック

2017/12/25更新
最新テーマ: 農林水産

取材リポート

2018/1/4更新
「広東省のアルミ、紡績工場で日中協力の省エネ実証事業」

中国の法律事情

2017/12/27更新
「中国における職業的クレーマーの是非について」

日中交流の過去・現在・未来

2017/12/28更新
「年齢を重ねてなお輝く青年の志―中国工程院院士 瀋陽薬科大学元学長 曁南大学薬学院名誉院長 姚新生教授」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

北京便り

2018/1/19更新
「中国医薬関連7機関、臨床研究振興を呼びかけ」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:56,589,302