世界最大の伝染病予防技術体制の構築に中国が成功

2018年 3月29日

 2003年のSARS流行時の「助けを待つ」の段階から、A型N1H1/H7N9鳥インフルエンザ流行時の「効果的な対応」、さらにはP4実験室の稼働による「積極的な予防」に至るまで、中国は世界最大の突発的伝染病の早期警戒・モニタリング・実験研究体制を構築している。中国科学技術部(省)重大特別プロジェクト弁公室は27日に北京で、国家衛生健康委員会科学教育司と共に、「エイズ・ウイルス肝炎などの重大伝染病予防治療」科学技術重大特別プロジェクト成果記者会見を開き、「中国のインフルエンザ予防科学技術革新力の進展」を紹介した。中国科技網が伝えた。
 中国のインフルエンザモニタリングネットワークは2000年に、システム構築と改善を開始した。十数年の発展を経て、同モニタリングネットワークは全国31省(自治区、直轄市を含む)のすべての地級市及び新疆建設兵団を網羅した。これには554ヶ所のインフルエンザモニタリングポイントが設置されている病院、408ヶ所のインフルエンザモニタリングネットワーク実験室が含まれる。プロジェクトチームは伝染病国家科学技術重大特別プロジェクトなどの支持を受け、各種亜型インフルエンザウイルスのモニタリング・検査技術プラットフォーム、コンピュータ及び生物情報学技術を結びつけた予測・早期警戒技術プラットフォームを建設した。それにより中国が各種新型インフルエンザの発見と予防に対応する能力を大幅に高めた。
 プロジェクト実施管理弁公室責任者、国家衛生健康委員会科学教育司監察専員の劉登峰氏によると、特別プロジェクトは72時間内に300種の既知・未知の病原を鑑定するスクリーニング技術体制を初歩的に構築している。ウイルスモニタリング・早期警戒、検査・測定、確認、患者の緊急治療などの一連の重要技術を確立している。感染への受動的な対応から脅威への能動的な対処への転換を実現し、社会の安定と安全の維持に力強い保障を提供している。世界保健機関は「H7N9鳥インフルエンザ人感染予防総合調査報告書」の中で、「中国のH7N9鳥インフルエンザに対するリスクアセスメント及び対応は、今後の類似するケースの緊急対処の見本とすることができる」と評価している。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/3/15更新
「話し方と聞き方」

富坂聰が斬る!

2018/1/17更新
「朝鮮半島危機」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2018/3/14更新
「習近平経済思想とは何か」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/2/27更新
「M2の伸び率低下と人民銀行の金融政策」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/2/6更新
「“胡同”の人情を探して」

科学技術トピック

2018/2/28更新
最新テーマ: 防災

取材リポート

2018/3/9更新
「野生生物の違法取引撲滅で連合体結成 中国や米国の電子商取引企業など」

中国の法律事情

2018/3/14更新
「憲法改正案から紐解く「夫・婦」の平等」

日中交流の過去・現在・未来

2018/3/19更新
「幸運と縁を発展させて結実させた新エネルギー研究」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

北京便り

2018/2/15更新
「神戸大学と中国科学院大学が学術交流協定締結、JSTも協力」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

【試験中】日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:57,742,390