トップ >科学技術ニュース> ファーウェイとマクシス、マレーシアで5Gネットワークを建設へ

ファーウェイとマクシス、マレーシアで5Gネットワークを建設へ

2019年10月09日

 マレーシアのマハティール首相に見守られ、華為(ファーウェイ)のマレーシア法人とマレーシアのマクシス・コミュニケーションズは3日、マレーシア5Gネットワーク建設の協力協定に署名した。中国新聞社が伝えた。

 説明によると、ファーウェイはマクシスに関連設備及びサービスを提供する。双方は協力を通じ、5G事業をマレーシアで展開し、新たな応用を導入する。

 マクシスは今年2月にファーウェイと協力覚書に署名し、今年3月よりマレーシアで5Gネットワークのテストを開始していた。

 マハティール氏はマクシスとファーウェイが協力し、マレーシアのデジタル経済発展をサポートすることに喜びの意を示した。「5G技術はすべてのマレーシア人を結びつけ、製造業、農業、医療・保健などの重要業界の変化を駆り立てる原動力になる。マレーシアはこれにより、引き続きグローバルな競争力を維持する」

 マハティール氏は今年5月に日本で国際交流会議「アジアの未来」に出席した際に、「ファーウェイの技術はすでに大きくリードしている。マレーシアは極力ファーウェイの技術を導入したい」と表明していた。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます