トップ >科学技術ニュース> 大疆農業、新型植物管理ドローンを発表

大疆農業、新型植物管理ドローンを発表

2019年11月07日

 ドローン大手・大疆農業は5日、新型植物管理ドローン「T20」、種まきシステム2.0及び関連サービス・サポート、育成訓練計画などを発表した。今回発表されたT20の実際の作業効率は1時間延べ180ムー(1ムーは約6.7アール)。全方向障害物回避レーダーを搭載し、点群イメージングを採用。畑の360度の障害物を感知し自動的に回避するほか、高度保持作業が可能だ。新華網が伝えた。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます