トップ >科学技術ニュース> 中国の遠洋漁船「深藍」号が活動開始

中国の遠洋漁船「深藍」号が活動開始

2019年11月28日

 中国の遠洋漁船「深藍」号がこのほど正式に、青島海洋科学・技術試行国家実験室深遠洋科学観測船隊に加入した。科技日報が伝えた。

 「深藍」号は中国国内最大級で、世界でも先進的な遠洋漁獲加工船だ。同船はICE-Aエリア(氷の厚さが0.8メートル)、及び氷点下25度の気温環境で作業を行う条件を満たした、海洋資源漁獲・加工を一体化させた多機能作業船だ。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます