トップ >科学技術ニュース> 中国昨年の新規重大海洋プロジェクト、投資規模は550億元超

中国昨年の新規重大海洋プロジェクト、投資規模は550億元超

2019年12月02日

 黒竜江省知的財産権局によると、黒竜江省の1万人あたり発明特許保有件数は6.388件となった。中国青年網が伝えた。

 中国海洋工程諮訊協会が11月30日に発表した「中国海洋プロジェクト年報2018」によると、2009−18年の中国の海洋プロジェクトは累計1万400件で、累計海洋使用面積は30万2490ヘクタール。2018年の全国の新規海洋プロジェクトは426件で、新規海洋使用面積は1万9932ヘクタール。うち新規重大海洋プロジェクトは19件で、投資総額見積は553億3200万元(1元は約15.6円)。主に道路橋、港、油ガスに集中している。科技日報が伝えた。

 2018年には一連のハイテク海洋プロジェクトに進展があった。中仏海洋衛星が打ち上げに成功し、初の国産極地砕氷船「雪竜2」号が進水し、世界初の国際化大出力洋上風力発電試験場の設置が完了した。

 同協会は昨年、国家標準化管理委員会の批准を経て国家団体標準試行機関になり、11件の海洋プロジェクト団体標準を発表した。全国海洋生態保護・修復の調査・研究活動を展開し、多くの成果を上げた。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます