トップ >科学技術ニュース> 幸先の良いスタート切る今年の中国宇宙事業、通信技術試験衛星5号発射

幸先の良いスタート切る今年の中国宇宙事業、通信技術試験衛星5号発射

2020年01月08日

 中国は7日午後11時20分に西昌衛星発射センターで、「長征3号乙」キャリアロケットを使い通信技術試験衛星5号を打ち上げた。衛星は順調に予定の軌道にのり、任務が無事成功した。新華社網が伝えた。

 中国宇宙事業は今年初の打ち上げ任務で、幸先の良いスタートを切った。

 説明によると、同衛星は主に衛星通信、放送、データ転送などの業務に用いられるとともに、ハイスループット技術の実証実験を行う。

 通信技術試験衛星5号と「長征3号乙」キャリアロケットは、それぞれ中国航天科技集団有限公司所属の上海航天技術研究院と中国キャリアロケット技術研究院が開発した。

 長征シリーズの打ち上げは今回で324回目。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます