トップ >科学技術ニュース> 3Dプリントを用い医療用防護ゴーグルを生産する湖南省企業

3Dプリントを用い医療用防護ゴーグルを生産する湖南省企業

2020年02月12日

 湖南省長沙市にある湖南雲箭集団の付加製造事業部が3Dプリントを用いて生産した医療用防護ゴーグルの第一陣が2月10日に納品され、新型コロナウイルスとの闘いの第一線に立つ医療従事者らの使用が始まった。中国新聞網が報じた。

 3Dプリント技術を駆使して生産された医療用防護ゴーグルの重さは一般的な防護ゴーグルより25%軽い。また、着用する人の顔のデータに基づいてオーダーメイドすることもできる。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます