2020年07月27日-07月31日
トップ  > 科学技術ニュース>  2020年07月27日-07月31日 >  浙江農林大学、竹製の合格通知書を独自に開発

浙江農林大学、竹製の合格通知書を独自に開発

2020年07月29日

 浙江農林大学は27日、モウソウチクを原材料とした2020年版の「最もテクノロジー活用度の高い」合格通知書を発表した。この通知書はモウソウチクを原材料とし、同大が独自開発した竹薄切り技術によって製作・印刷されたものだ。「史上最もテクノロジー活用度の高い合格通知書」と呼ばれている。同大は今年さらなる技術のアップグレードに取り組み、「最もテクノロジー活用度の高い」合格通知書をより軽量で薄くし、より環境に優しくした。厚さは当初の0.76ミリから約0.33ミリに減り、一般的なA4紙3枚分の厚さだ。また材質がより柔らかく強靭になり、自由に折り曲げ、側圧をかけ、巻いても断裂することなく、紙のように丸めることができる。

 竹薄切り技術は、竹材を原材料として竹の合板を作り、これを柔らかくしてから削って強化を施すといった工程を踏まえ、大判の薄切り竹材料を作るというもの。各方面で重大なイノベーションを行い、その成果は国際的な先進水準に達している。そして8件の国家特許を取得し、国家技術発明賞2等賞を受賞したこともある。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます