2021年07月19日-07月23日
トップ  > 科学技術ニュース>  2021年07月19日-07月23日 >  中国、稲栽培の北限が過去30年で24.93キロ北上

中国、稲栽培の北限が過去30年で24.93キロ北上

2021年07月19日

 中国の稲栽培の北の境界線北限には、過去30年で著しい変化が生じた。そして気候変動は、高緯度・高標高地域への移動が進む重要な原因だ。中国農業科学院農業資源・農業区画研究所スマート農業イノベーションチーム、国際食糧政策研究所などがこのほど共同で、上述した結論を「Environmental Research Letters」に掲載した。

 研究によると、中国の稲栽培の北限は過去30年で、高緯度・高標高地域への移動が進む顕著な傾向が見られる。うち高緯度地域に平均で24.93キロメートル移動し、最大移動距離は88.01キロメートルにのぼった。高標高地域では平均で39.15メートル移動し、最大移動距離は117.08メートルとなった。

 収益、農業政策、灌漑条件、水稲畑苗技術などの社会的・経済的要素は、稲栽培の北限の拡張に対して一定の促進する役割を担っているが、温度上昇が最も大きい原動力となっている。平均温度が1リットルあたり1%上がると、稲栽培の北限地域における稲の栽培面積が2.24%増加する。

 研究者によると、これは温度上昇により稲の栽培に適した地域が高緯度地域に拡張することを意味する。一方で、気候変動に適応するために、経済的な原動力と技術の進歩も要因となり、稲栽培の北限が北に移動しているという。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます