【13-08】日本海資源守るのも日中韓の協力で

2013年 7月26日 (中国総合研究交流センター 小岩井忠道)

 揚子江に降る雨が日本海に大きな影響を与えてきた。日中韓が協力して日本海の資源、生態系を守るべきだ-。 

 7月18日に都内で開かれたシンポジウム「日本海-小さな海の大きな恵み」http://www.nippon-foundation.or.jp/news/articles/2013/46.htmlで、古気候学者や環境考古学者が、領土問題でギクシャクしている現状に警鐘を鳴らし、広い視野に立った協力の必要を訴えた。

写真

 このシンポジウムは「海の日」に合わせて、東京大学海洋アライアンスhttp://www.oa.u-tokyo.ac.jp/と日本財団http://www.nippon-foundation.or.jp/が開いた。講演者の1人、多田隆治・東京大学大学院理学系研究科教授によると、日本海は狭く浅い海峡でのみ外洋とつながる孤立した海。九州と朝鮮半島の間の対馬海峡が唯一の海流の流入口となっている。黒潮から分岐した対馬暖流が海峡の南東側から、東シナ海陸棚の上を流れてくる台湾暖流が北東側からそれぞれ日本海に流れ込む。

 台湾暖流が日本海に運び込む東シナ海沿岸水は、対馬暖流よりもプランクトンが繁殖する基になるリンや窒素といった栄養塩に富む。梅雨時に揚子江の流出量が多くなると、日本海に入り込む量も増える。「日本海に流入する海水の栄養塩濃度は揚子江の流出量によって決まる」(多田教授)というわけだ。

 これまでの多くの研究によって、地球上の海水は、北大西洋で沈み込んで深層水となり大西洋を南下、インド洋の南方を経由して太平洋を北上、北太平洋で上昇することが分かっている。この後、表面水となり逆のコースをたどって北大西洋まで戻り、再び沈み込んで深層水に…という海洋大循環が続く。さらにこの海洋大循環が、過去に起きた気候変動に深く関係していることも分かってきた。8万年前から2万年くらい前まで続いた最終氷期中に急激な気候変動が頻繁に繰り返されていたことが、グリーンランドの氷床の研究で裏付けられる。さらにグリーンランド沖の太平洋底堆積物の調査と、コンピュータによる再現研究から、海洋大循環が急激で頻繁な気候変動に深く関わっていたことも突き止められたのだ。

 多田教授による長年の日本海堆積物調査は、さらに海洋大循環から取り残されていると思われていた日本海も、最終氷期中の急激な気候変動に大きな影響を受けてきたことを解き明かした。最終氷期中の亜間氷期には偏西風が北上して揚子江流域に大量の雨を降らす。しかし、逆に亜氷期になると偏西風がチベットの南にまで下がってしまい、あまり雨が降らない。その結果、揚子江の流出量が減って、日本海にも栄養塩を含む海流が入ってこなかった…。揚子江と日本海のこうした関連が明らかになったのだ。

 講演が一通り終わった後に開かれたパネルディスカッションで多田教授は「日本海については中国、韓国の研究者と共同研究を続けている。領土を守るといったことだけに集中せず、中国、韓国と協力して日本海(の資源、生態系)を守っていくという意識が大事ではないか」と訴えた。

 安田喜憲・東北大学大学院環境科学研究科教授(環境考古学)も、長江(揚子江)文明と日本との関係の深さを数多くの証拠を挙げて説き起こした講演の後、日本海の資源を守るため中国、韓国と協力する必要を、パネルディスカッションで強調していた。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339