【14-20】対中関係改善先手打つ時 宮本元駐中国大使が提言

2014年 9月19日 小岩井 忠道(中国総合研究交流センター)

 宮本雄二元駐中国大使は9月18日自身が会長を務める日中関係学会の研究会で講演し「安倍政権にとって中国との関係改善は国内的に大きな意味を持つ。先手を打ってやれば支持も高まるはず」と語った。 

 宮本氏はまず、従来「美しい」と考えられていたような「外交」が今の時代なくなっており、外交は内政の延長になっている、という持論を繰り返した。習政権にとって、一番大事なことは経済発展である、と 指摘した上で、経済発展にマイナスでしかない対外強硬政策をとり続ける理由として、次のように述べた。

 改革は2012年11月の第18回中国共産党全国代表大会で決まった方針。改革の徹底は昨年11月の第18期共産党中央委員会第3回全体会議(3中全会)の決定でもあり、習政権は、改 革をして経済発展しない限り、共産党も持たないし、中国社会も持たないということをよく知っている。しかし、改革は必ず巨大な既得権益層とぶつかり、その既得権の大半は江沢民元国家主席につながる。習 政権は反腐敗闘争を進め既得権益層を次々に倒しているが、たたかれる方は対外関係を利用して習政権を逆につぶそうとする。習政権としては、対抗上、権力を固めるまで対外的に強硬路線をとらざるを得ない。

 一方、安倍政権にとって、靖国参拝、集団的自衛権、機密保護法という政治的理念に基づいてやろうとしたことを改造前の内閣でやってしまったのだから、これからは経済の底入れが最も重要な課題だ。経 済発展には中国、韓国との関係改善が不可欠とする国内の声に応える、つまり内政的な観点から対中国・韓国との関係改善という外交に転じることが迫られている、との見方を宮本氏は示した。

 軍事力の整備、強化は10年20年という時間軸で進められることから、中国人民解放軍の海外進出という流れは簡単に変えられない。これに対抗しようとしたら日本の防衛予算を毎年10%あるいは15%増 やさざるをえなくなる。お互いの国にとって今一番大事な経済を重視して、良好な関係をつくることに力を注げば防衛予算を増やさなくてもすむ…。宮本氏はこうした「中期的視点を持って対中関係を変えていく」こ との重要性も強調した。 

 さらに福田元首相の訪中を機に中国側に関係改善に向けて1歩進めようという動きが出てきたとの見方を示した上で、「首脳同士が合意する場合、自分が譲歩したという形は双方ともとれない」と指摘し 「 問題は日本側にある。日本側の努力が必要だ」などと中国側が主張することに対しては疑問を呈した。

関連記事


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339