第2節 国家特色産業基地

第1項 概要

 国家特色産業基地は、1995年に設立されてから10数年が経ち、2008年6月時点で全国各地172カ所に設立されている。タイマツ計画国家特色産業基地制度は関係官庁と各地方の連携を強化し、科 学技術成果の転化や産業化を促進し、各地域に既存の特色産業の選択と集中を行い、それを生かしながら注力し、これにより地域経済の振興に直結させることを目的としており、同基地は毎年増える傾向にある。

 2006年末までに133カ所に設立された同基地は、下表に示したような地域分布になっている。江蘇、浙江、広東、山東だけで全体の60.9%を占めるように、特定地域に集中している。

表8.1 タイマツ計画国家特色産業基地の地域分布(2006年12月)
所在地域 基地数 所在地域 基地数
北 京 福 建
河 北 厦 門
内 蒙 古 江 西
大 連 山 東 11
吉 林 青 島
黑 龍 江 河 南
上 海 湖 北
江 蘇 37 武 漢
南 京 湖 南
浙 江 19 広 東 14
寧 波 成 都
安 徽 合 計 133
出典:中国タイマツハイテク産業開発センター

 上記133カ所の国家特色産業基地の分布を技術面から見ると、以下のように言える。

 まず、メカトロニクス分野関連が最も多く、44カ所の特色産業基地が設立されている。その内、自動車部品関連の特色産業基地は9カ所ある。次に、化学及び新材料分野関連の特色産業基地は41カ所、バ イオ及び新薬分野関連の特色産業基地は24カ所で、その内、5カ所は漢方薬関連基地である。電子情報分野の特色産業基地は19カ所、新エネルギー及び環境保護分野関連の特色産業基地は5カ所である [1]

 2008年6月時点で172カ所に増えた国家特色産業基地は、下表のような地域分布になっている。集中している地域は以前と同じで、江蘇、浙江、広東、山東と言う順になっている。また、こ れら4地域が全体に占める割合や技術的分布にも大きな変化が見られない。中国における国家特色産業基地の建設は、規定の方針通りに進んでいると考えられる。

表8.2 タイマツ計画国家特色産業基地の地域分布(2008年12月)
所在地域 基地数 所在地域 基地数
安  徽 北  京
福  建 甘 粛
広  東 22 貴 州
河  北 河  南
黑 龍 江 湖  北
湖  南 吉  林
江  蘇 45 江  西
遼 寧 内 蒙 古
寧  夏 山  東 18
陝 西 上  海
四 川 浙 江 23
合 計 172
出典:中国タイマツハイテク産業開発センター

 上表の地域分布を地図上に示すと以下のようになる。

図8.1 タイマツ計画国家特色産業基地の地域分布

図8.1 タイマツ計画国家特色産業基地の地域分布

出典:現地情報をもとに技術経営創研が作成(背景図:Copyright © 2003-2004 中国まるごと百科事典)


[1] 中国タイマツハイテク産業開発センター「2006年火炬計画特色産業基地発展情況」(2006年)。

戻る1 2 3 次へ

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468