中国、海外に深宇宙観測所を建設へ

2013年 12月18日

 中国国務院新聞弁公室が12月16日に開いた記者会見において、月探査プロジェクト第2期測量・制御システムの副設計者、北京宇宙飛行制御センターチーフエンジニアの周建亮氏は、「中国は佳木斯(ジャムス)の66メートル級深宇宙観測所、喀什(カシュガル)の35メートル級深宇宙観測所を保有しており、中国の幅広い国土を十分に活用している。検証により、その測量・制御能力が6400万キロに達することが明らかになった。しかしこの2カ所の観測所は、全天候・24時間のカバーを実現しておらず、毎日8-10時間の盲点が存在する。この時間内に、中国の測量・制御ステーションは、宇宙の探査機を測量・制御できない。ゆえに中国は海外でのステーションの新設により、将来的に深宇宙測量・制御の全天候のフォローを実現することを検討している。これが実現された場合、中国の今後の深宇宙測量・制御能力は現在をはるかに上回ることになる」と語った。光明日報が伝えた。
 中国電子科技集団公司が建設した佳木斯の66メートル級深宇宙観測所は、アジア最大・世界5位の観測所で、その理論上の測量・制御距離は最長4億キロに達する。これは世界の深宇宙観測が到達している最長距離で、火星探査の需要を満たせる。周氏は、「深宇宙測量・制御は探査機と地上の設備の間に通信網を構築するため、深宇宙測量・制御の距離が実際にどこまで延ばせるかについては、この両者の協力により検証する必要がある」と指摘した。嫦娥1号・2号の月周回期間、青島とカシュガルの18メートル級観測所は当時の測量・制御任務を完了し、中国の測量・制御能力が40万キロまで延長された。嫦娥2号はその後、地球から150万キロ離れたラグランジュ点に到達し、中国の測量・制御距離を延長した。2012年12月13日、チャムスとカシュガルの観測所は稼働開始したばかりで、嫦娥2号にトータティス小惑星を通過させ、中国の深宇宙測量・制御距離を700万キロまで延長した。嫦娥2号は現在、地球から6400万キロ以上離れているが、中国の深宇宙測量・制御網のコントロール下に置かれている。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468