Ⅲ. ナノエレクトロニクス

中国は発展途上で基礎研究は弱いが、どん欲に日米欧の技術を取り入れつつある。低い人件費を生かし、少なくとも既存のデバイスでは有利になりつつある。

 この分野では、日本が世界の最先端を走っており、特に産業技術力は圧倒的である。米国は研究水準や技術開発水準では日本に次いでいるが差がある。欧州がそれに続き、韓国も固体素子メモリ、有 機エレクトロニクス、ディスプレイデバイス、固体照明・発光デバイスなどで存在感がある。中国は有機エレクトロニクスの研究水準や固体照明・発光デバイスの産業技術力で最先端にあるが、全 体としては他の国とまだ差がある。

 

  • 中国の有機エレクトロニクスの研究水準は、世界の最先端にある。特に台湾においてはディスプレイに関する研究を中心に勢いがついてきている。本 土では有機エレクトロニクスに用いられる資源に強みを有しており、それに関わる技術開発が活発である。更に産業技術力の面では台湾で年々上昇している。
     
  • フォトニック結晶では米国からの帰国組が研究水準の向上に寄与している。メタマテリアルでは基礎物理の理論か電波周波数帯の研究に偏っている観がある。

     


    ・プラズモニクスについての基礎研究報告が増大しており、日本より少し遅れている程度でかなりの水準に達している。

  • ディスプレイデバイスでの中国本土の研究水準や産業技術力はまだ弱い。台湾では国家戦略として政府機関の工業技術研究院が主体となって進められており、かなりのレベルにある。今 後本土へのシフトも考えられる。
     
  • 固体照明や発光デバイスの研究では北京大学清華大学を中心に、結晶成長、LEDプロセス、照明応用という一貫したプログラムのもとで、研究が進んでいると同時に人材育成がなされている。この固体照明・発 光デバイス関連の産業技術力は世界トップレベルである。
     

 


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

アクセス数:31043468