【13-20】平和友好条約の精神に立ち戻れ 中国研究者156人訴え

2013年10月23日 小岩井 忠道(中国総合研究交流センター)

写真

 日中関係の悪化に危機感を募らせる中国研究者156人が「新しい日中関係を考える研究者の会」を発足させ、10月22日「排他的なナショナリズムを越えて」と題するアピールを公表した。

 アピールは、日中両国政府と国民に対し「主権・領土の相互尊重や武力行使の回避を約した日中平和条約の精神に立ち戻る」「滞っているさまざまな日中の学術交流を一刻もはやく正常に復す」「極端で排他的ナショナリズムを乗り越える」よう訴えている。

 会として、「学術的知見の提供を通し、日中の政府、国民、研究者間の信頼構築を進め、東アジアにおける国民間の和解の道を探るよう力を尽くす」決意も表明した。日中の研究者を中心に国際的な知的ネットワークを広げ、新しい善隣関係の構築に寄与できる日中関係の新たなパラダイムも追求する意志も明らかにしている。

 具体的な行動としては、来年3月8日に東京大学駒場キャンパスで国際シンポジウム「現代日中関係の源流―再検証・1970年代」を開催するほか、再来年以降も「『比較和解学』の出発」「国際法と国家利益」といったテーマで国際シンポジウムを続けることを明らかにした。また市民を対象にしたセミナー「新たな日中関係をどう作っていくか」を年6回程度開催する計画も示している。

写真

 日本記者クラブで行われたアピール発表の記者会見には、代表幹事の毛里和子・早稲田大学名誉教授のほか、19人の呼びかけ人のうち高原明生・東京大学法学部教授と菱田雅晴・法政大学法学部教授も出席した。毛里氏は「これまで研究者として進めてきたことがなんの役割も持たなかったのか、とがく然とした。中国と新しい学術交流の仕組みを作りたい」と研究者の役割と責任の大きさを協調した。

 氏はさらに「相手国が苦手という関係が日中双方にある。1970年代は一種の安定があったが、2000年代になってパワーシフトが起き、どう対応してよいか、特に日本側が分からなくなっている面がある」と指摘する一方、「中国の対日政策はあらっぽく、(日本に対し)こうやるべき、ああやるべきと偉そうに言うだけだ」という声が中国の研究者の中にもある事実も紹介している。

 また、排他的ナショナリズムを乗り越える鍵は広範な世論にあることを強調し、「世論に大きな影響を持つメディアの役割は大きい。ナショナリズムを暴走させないよう切望する」とメディアに求めた。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339