【13-32】中国をアジアで最重要パートナー視 外務省の米国対日世論調査で判明

2013年12月20日

 一般の米国人、指導的立場にある米国人のどちらも日本より中国をアジアにおける重要なパートナーと見なしていることが、19日外務省が発表した 「 米国における対日世論調査」で明らかになった。一般の米国人が、日本より中国を重要なパートナーと見なす結果は2011年の調査結果でも現れていた。昨2012年には、い ったん日本が中国より上回ったものの、再び中国が逆転した形。「有識者」のみを対象にした同じ設問に対する答えでは、2010年に中国が日本を上回って以来、4 年連続で日本より中国を重要なパートナーと見る人が多いという結果となった。

image

図1 アジアにおける米国のパートナー(一般の部)
(出典: http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000022804.pdf) 

 この調査は、外務省が米国の市場調査会社「ハリス・インタラクティブ」に委託して、1960年以来、ほぼ毎年実施している。18歳以上の1,000人を対象にした「一般の部」と、政官財界、学術、マ スコミ、宗教、労働関係など各界で指導的立場にある201名を対象とした「有識者の部」に分けて、電話調査の結果を示している。

 アジアにおける米国の最も重要なパートナーを聞いた設問に対する答えでは、一般の米国人は1970年代半ばから2009年まで日本を1位に挙げていた。た だし90年代後半の50%台から2000年代には40%台に数字を下げ、代わりに中国が10%台から20%台、さらには30%台にじわじわ上昇している。2010年に44%と日中両国が肩を並べ、翌 2011年には、中国39%、日本31%と逆転、しかし2012年には日本50%、中国39%と再逆転し、そして今年(7-8月に調査実施)は、中国39%、日本35%と再々逆転という結果となった。

image

図2 アジアにおける米国のパートナー(有識者の部)
(出典: http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000022804.pdf) 

 一方、有識者の目は、一般の米国人に比べ、日中両国に対する評価のぶれが大きい。1990年代半ばには日本を最重要パートナーと見る人が79%にまで上ったが、その後は中国との差が徐々に詰まり、2 010年ついに中国が56%と日本(36%)を追い抜いた。以来、2011年中国46%、日本28%、2012年中国54%、日本40%そして今年の中国43%、日 本39%と4年連続で中国が首位の座を保ち続けている。

 韓国を最重要パートナーと見る米国人は、昨年まで一般、有識者とも1、2%がほとんどで、まれに7、8%だった年もあるというのが実態だった。しかし、今年は一般7%、有 識者14%と特に有識者の評価が急上昇しているのが目立つ。

外務省プレスリリース「 米国における対日世論調査( 結果概要)

関連記事:


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339