【15-06】日本語スピーチコンテストで銭鋮さん優勝

2015年 2月 5日 小岩井 忠道(中国総合研究交流センター)

image

 中国の大学生を対象にした第9回「全中国選抜日本語スピーチコンテスト」が2月2日、東京・大手町の日経ホールで開かれ、上海外国語大学4年生の銭鋮(センセイ)さんが優勝した。

 このコンテストは、日本語学習の意欲向上と、日本に対する理解を深めてもらうことを目的に、日本経済新聞社、中国教育国際交流協会、日本華人教授会議の主催で2006年から開かれている。中 国で日本語を学ぶ大学生は約68万人と言われるだけに、今回も中国での予選を勝ち抜いた16人が、それぞれ日本人と変わらない発音で見事なスピーチを披露した。

 優勝した銭さんは、主催者から与えられた「10年後の自分への手紙」というテーマで、健康、命の大切さと、将来、日本語教師になるための夢を素直な言葉で表現した。

 立石博高審査委員長(東京外国語大学学長)は、「全員が言葉を大切にしており、特に優勝、準優勝者のスピーチは優劣がつかなかった」と評した上で、銭 さんの優勝は質疑応答での答え方が決め手になったことを明らかにした。銭さんに対する司会者の問いは「自分の話をするのと人の話を聞くのとどちらがすきか。それはなぜか」。立石委員長は「 人の話を聞くことの大切さ、対話の大切さをきわめて自然、率直に語ってくれた。人の話を聞くだけでなく、人に自分の話を聞かせる力も優れていることに感心した」とたたえた。

 司会者の質問に対する銭さんの答は次の通り。

 私は人の話を聞く方が好きです。聞くには能力が必要です。その人のアクセント、ニュアンス、そして言葉の意味から、どのような気持ちを抱いているか、その人にはどのような思い出があるか、が 分かるようになります。私は最初は話すのが好きだったのですが、だんだん、ひたすら話すだけでは駄目だと気付きました。なぜなら、お互いを尊重するということが一番大事だからです。

 もし、自分の言葉だけに夢中になって、相手の存在を忘れてしまうようでは、大切な対話が成立しません。相手を尊重することは、相手の言葉を聞くことから始まります。その人の言葉から自分の性格が分かり、反 省することもできます。最初は苦手だったのですが、日がたつにつれて、少しずつ相手の言葉を聞くことの楽しみを見つけることができるようになりました。

 いずれ私も社会に出ます。そのとき、聞くというテクニック、コミュニケーションが、大事なことの一つになるでしょう。まだ上手とはいえませんが、これから聞くテクニックを磨き、頑 張っていきたいと考えています。


関連記事


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339