成都ハイテク産業開発区

名称 成都ハイテク産業開発区
中国語 成都高新技術産業開発区
英 語 Chengdu Hi-tech Industrial Development Zone
住所  
HP http://www.cdht.gov.cn/
認定 1991年 面積 平方キロ
運営 同開発区管理委員会 連絡  
開発区の概要
成都ハイテク産業開発区は1988年に発足し、1991年に国家レベルのハイテク産業開発区と認定された。同開発区は成都市の西部と南部に位置する二つの地域から成り立っている。西部地域は総面積35平方キロで、エレクトロニクス、バイオ医学産業、精密機械製造業の企業が進出しているのに対し、南部地域は総面積47平方キロであり、ソフトウェア開発、BPO関連のサービスを提供する中国内資及び外資企業が進出している。成都ハイテク技術産業開発区としては、将来30万人規模のエンジニアを抱え世界に向けてサービスを提供していく計画を立てている。
経済効果、社会的効果・地域振興効果
主な経済指標の増加率は70%を超えており、年販売收入が10億元を越えた企業は7社、1億元を超えた企業は50社余り、1000万元を超えた企業は100社余りである。ハイテク企業は成都市全体の64.8%、四川省の52.7%を占めている。ハイテク企業の工業総生産高は同開発区全体の85.0%を占めている。
進出した外資/日系企業の例示
同開発区に進出している企業は6000社余りあり、その内外資系企業は500社を超え、インテル、モトローラ、康宁、住友等、世界のベスト500に入る企業24社を含む。2003年には西部最大の外商投資プロジェクト、投資総額は3.75億元のインテル関連プロジェクトの誘致に成功した。
関連施策、特許等の成果
 成都ハイテク産業開発区は、同開発区内の各企業に対し、無償で研究・開発環境を提供する等の手厚いサポートを行っている。また全国最大規模と自称する、八つの国家インキュベータをベースにしたインキュベータグループを形成している。
その他の特記事項
 成都市は四川省の省都であり、中国西部地域において最も経済発展が進んでいる都市である。中国の国家プロジェクトである「西部大開発」の中心的な都市と位置づけられており、成都市内には優秀なITエンジニアを輩出することで有名な電子科技大学や、四川大学西南交通大学がある。

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468