2024年07月08日-07月12日
トップ  > 科学技術ニュース >  2024年07月08日-07月12日 >  重慶のスーパー工場、30秒に1台の新エネ車がラインオフ

重慶のスーパー工場、30秒に1台の新エネ車がラインオフ

2024年07月09日

 中国重慶市にある自動車メーカー「賽力斯(セレス)」のスーパー工場では、最速30秒で1台の新エネルギー車がラインオフしている。新華社が伝えた。

 自動ロボットアームが滑らかに動き、ゲートから自動車が1台ずつ順番に出てくる。同工場では高度に自動化・スマート化されたプロセスシステムにより、1000台以上のスマート化設備と3000台以上のロボットが連携している。溶接作業場は完全自動化を実現しており、人が最も多い組立作業場でも自動化率は50%に達する。

 自動生産の効率と品質の制御をいかに確保しているのか。スーパー工場では中国製AI(人工知能)スマート視覚検査設備を搭載し、自動車製造の各重要工程をリアルタイムでモニタリングしており、問題が発生すればいつでも報告できるようになっている。工場内は安全担当者が常にチェックし、すべてのプロセスが整然としている。

 同工場は、重慶市が新たな質の生産力の発展を加速させる縮図でもある。中国の重要自動車生産拠点である同市は、今年1~5月の自動車生産台数が99万7000台に達し、うち新エネ車は前年同期比144.1%増の30万6000台となっている。

 
※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます
 

上へ戻る