Ⅳ. 資源循環

 日本がこの分野で先行しており、欧州がそれに続いている。米国はこの分野での存在感は低い。それに韓国、中国が続いている。

 中国に世界のPETボトル・リサイクル・センターが存在しリサイクル量は多いが、国内技術は比較的低レベルの技術が多い。

 国内にプラスチックを大量に使用する雑貨品や低価格の電気電子産業が存在する。したがって、高度のリサイクル技術よりも、簡単な汚物除去や手選別をした程度の「混合プラスチック」が製品に利用されている。 

 レアメタルのリサイクル技術に関する研究水準は低いが、経済成長に伴いレアメタルの製造量及び消費量が増大したため、国家的な政策にも後押しされて熱心に研究が行われている。特 に貴金属やレアアースの開発に力を入れている。ただし、環境対策が大幅に遅れているため、環境破壊や健康障害が深刻な問題となる可能性がある。

 分離・選別リサイクル技術に関しては、人力作業に頼れる部分が大きくあり、技術開発のインセンティブが低い。しかし、近い将来、安 価な装置を武器に東南アジア等への輸出に向けた技術開発や産業は活発化する可能性がある。

 廃棄物の焼却は高コスト技術であり、大都市での利用に限られている。国産技術の開発はまだ行われておらず、産業としての廃棄物中間処理は未整備である。研究面でも実験設備が高コストのため限定的である。 

 環境配慮・省資源型生産技術(グリーン・ケミストリー)について、中国科学院や一部の大学で研究が活発に行われ、近年では日米欧の追従からの脱却の兆しが見える。バ イオ原料の有効利用の研究開発が盛んである。企業における開発はSINOPECなどでようやく行われ始めたものの、発展途上である。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

アクセス数:31043468