Ⅱ. ゲノム・機能分子

 米国が圧倒的であり、欧州が研究水準はほぼ互角であるが、技術開発水準や産業技術力では差がある。その欧州から日本は離されている。中国と韓国は同レベルである。

 中国は、比較ゲノム・メタゲノムの領域で新型シークエンサーを数台導入しており、かつ米国仕込みの研究者も多いため、潜在的な研究水準と技術開発水準は国際的である。

 上海と北京にゲノム研究を集中化している。バイオインフォマティックや統計遺伝学の分野では、米国で活躍している中国の研究者が世界を牽引している状況であり、こ れらの研究者が将来帰国すると発展が予想される。

 ポストゲノム関連の多くの中国国家プロジェクトはタンパク質を切り口にしており、急速に論文数が増加している。特に肝臓プロテオミクスでは世界をリードしており、また、SARSプロテオミクス、住 血吸虫機能プロテオミクス、中医証候に関するプロテオミクスなど中国独自のバイオマーカー研究も推進している。更に中国人の完全な遺伝子組織マップの作成にも成功している。

 メタボローム研究は日米欧に比して遅れているが、中国科学院及び国立生物化学研究所にメタボローム研究の拠点を構築する動きがある。

 生命機能化合物に関連して薬用植物の研究が盛んであり、昆明植物科学研究所などでは植物天然化合物を多数収集しており、海外との共同研究を通じて最近レベルアップしている。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

アクセス数:31043468