7.2.2 原子力開発分野の動向

(1)原子力発電所の建設計画

 国家発展改革委員会は2007年11月2日、国務院の正式承認を受け、2020年までを視野に入れた「原子力発電中長期発展規画」を公表した。同規画は、「第11次5ヵ年」期間(2006~2010年)、「第12次5ヵ年」期間(2011~2015年)、「第13次5ヵ年」期間(2016~2020年)の三期の「5ヵ年規画」にわたる中国の原子力開発の方向性を示したものである。

 具体的には、2020年までに運転中の原子力発電所の設備容量を4000万kWに引き上げるとともに、建設段階にある原子力発電所の設備容量を2020年時点で1800万kWにするとの具体的な目標を掲げた。

 なお、中国で稼働中の原子力発電所は2008年11月末現在、11基・約907万kWとなっており、世界的にはスウェーデンに次いで11番目に位置している。また、建設中は12基・1234万kWとなっており、他の国の建設規模を圧倒している。

 「原子力発電中長期発展規画」によると、前期作業がスタートした原子力発電所の立地点は沿海部だけで5000万kWに達する。

表7.6 中国で計画中の原子力発電所
所在省

 

発電所名称

 

設備容量(万kW)

 

備考

 

浙江省

 

三門(健跳)

 

100×6

 

Ⅰ期プロジェクトの提案書承認

 

方家山(秦山Ⅰ期拡張)

 

100×2

 

再確認が完了

 

三門拡塘山(三門第Ⅱ)

 

100×4

 

再確認が完了

 

江蘇省

 

田湾拡張

 

100×4

 

再確認が完了

 

広東省

 

陽江

 

100×6

 

Ⅰ期プロジェクトの提案書承認

 

腰古

 

100×6

 

再確認が完了

 

山東省

 

海陽

 

100×6

 

再確認が完了

 

 

 

乳山紅石頂

 

100×6

 

立地点に対する一層の研究が必要

 

福建省

 

寧徳

 

100×6

 

再確認が完了

 

広西

 

防城港あるいは欽州

 

100×4

 

初期審査が完了

 

合計

 

 

 

5000

 

 

 

出典:「原子力発電中長期発展規画」(国家発展改革委員会、2007年10月。公表日は同11月2日)

 国家発展改革委員会は、すでに運転中・建設中の原子力発電所も含めると、2020年までに4000万kWを運転するとともに、2020年時点で1800万kW分を建設までもっていくという目標を達成することができるとの見方を示している。

戻る1 2 3 4 次へ

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

アクセス数:31043468